アーフェンピンシャー
15万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
かつては、小さくかわいいペットと優秀なネズミ捕り犬というふたつの顔を持っていた犬。今は、ネズミ捕りこそやらなくなったけれど、サル似のユニークな顔立ちと表情の豊かさ、そして、すばしっこくて元気な姿は、飼い主一家のアイドルになる素質充分。
【原産国】 ドイツ
【体 高】 オス23〜29cm メス23〜29cm
【体 重】 オス3〜4kg メス3〜4kg
■歴 史
17世紀ころから、ドイツにいたピンシャーを改良した犬種で、アーフェンとは「サルのような」、ピンシャーとはテリアのような性格や行動力を持つドイツの犬種に与えられた名称で、直訳すれば「サルのようなドイツのテリア」という意味になります。当初は、ミュンヘンの家庭を中心に、ペットとして、また、ネズミ捕獲犬として活躍。19世紀には女性の間でこの犬を飼うことがブームになったことも。ブリュッセル・グリフォン、ミニチュア・シュナウザーなど、小型で毛の粗い犬種に大きな影響を与えているといわれ、現在も、ドイツでは多くの人が飼育しています。
■外観特徴
小さく華奢な印象を受けますが、実は骨太のしっかりした体つきをしています。サル似といわれる面立ちが大きな特徴で、頭部は丸く、前頭部はドームのような形、鼻口部は短くとがり、下あごがやや張った口元はしっかりと結ばれます。ほどよい大きさの丸い目の瞳は黒く、付け根が高くやや小さい耳は、直立していて、普通は先端を断耳しますが、尾は断尾してもしなくてもどちらでもよいとされています。被毛はゴワゴワ、モジャモジャした針がねのような感じの粗い毛質で、まゆ毛やヒゲが長く、アーフェン(サルのような)という名の通り、サルに似た風ぼうをより一層引き立てているようです。毛色は、黒が好ましく、タン、レッド、グレーなどの混合色も許されていますが、淡い色や白斑は望ましくないとされています。
■性 格
もともとテリアの血が入っているので、性格はしっかりしています。丈夫で元気、すばしっこく好奇心旺盛、おっとりしているが興奮しやすい面もあり、気が強く怖いもの知らずと、とても豊かなキャラクターの持ち主。来客に対しては無愛想でときに癇癪を起こすことがありますが、本来はとても愛情が深く、飼い主一家には絶大な信頼を寄せます。気の強さや興奮しやすいという性質は、飼い主として制御できるよう、早期からしつけを行なうことが大切です。きちんとしつけしてお互いを認めあえれば、個性的で楽しいパートナーになるはずです。
■グルーミング
日常の手入れは、頭の毛にクシを入れ、全身をブラッシングするだけでも充分。換毛期にはスリッカー・ブラシや金属製コームで死毛をしっかり取り除き、汚れが気になったときは、熱い湯で絞ったタオルで全身を拭いてあげることが大切です。また、定期的にプロの手でトリミングしてもらうことも忘れずに。
■運 動
毎日20〜30分程度の引き運動。室内、庭先などで行なうボール遊びなどの自由運動を10〜20分組み合わせて行ないます。活動的で遊び好きなので、ゆとりがあるときは、存分に遊んであげられるよう心がけてください。
■食 事
若犬〜成犬は1日1〜2回を目安に与えます。食事内容は、栄養バランスのとれたドライ・フードを基本に、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの。味はつけない)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)、缶詰フードなどを2割くらい加えた混合食が一般的。人間の食べ物の与えグセは、偏食のもとです。大切なのは健康的な栄養管理。カロリー過多による肥満に注意してください。