ビション・フリーゼ
 8万円〜 12万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
名前の語源は「ビション=着飾る」「フリゼー=巻き毛」。口語では、坊っちゃん・お嬢ちゃんの意味も含む、フランスっ子らしいお洒落な愛玩犬。パフのような巻き毛は、気合いを入れた手入れが必要。フランス名「ビション・ア・ポワル・フリゼー」。
【原産国】 フランス
【体 高】 オス24〜29cm メス24〜29cm
【体 重】 オス3〜6kg メス3〜6kg
■歴 史
出身は、カナリア諸島最大のテネリフェ島といわれています。祖先は、その島に生息した古い土着犬で、古代ローマの貴婦人御用達の愛玩犬。14世紀、船乗りがイタリアへ持ち込み、16世紀、フランソワ1世(1494-1547)時代から小型化が進められました。今の形態に至るまで、マルチーズやプードルとの交配も考えられています。主な愛好者は、フランスを中心にしたヨーロッパの王侯貴族たち。当時は貴婦人の肖像画の必須アイテムだったほどで、やんごとなき方々は、香水で洗い、リボンで飾って、アクセサリー(兼カイロ)として連れ歩いたといいます。19世紀からは一般家庭にも進出。20世紀「小さな羊犬」と呼ばれアメリカに渡った後、25年前くらいに個性的なトリミングが生み出されました。
■外観特徴
絹糸のような被毛の長さは5cm以上で、外側は粗めの巻き毛、ソフトな下毛が密生しています。毛色は白の単色かクリーム、あんず色。顔は、適度な丸みを帯びて、頭はホワホワの冠毛におおわれています。先細りしすぎないマズル(鼻口部)、黒い鼻と口唇、黒か暗褐色のつぶらな丸い目を持ち、付き位置が高めの垂れ耳は、豊かな長毛におおわれています。体はマルチーズよりも大柄で、体長が体高より長め。ほどよく力強い筋肉質で、しっかりと引き締まっています。尾は長いふさ毛におおわれ、背の上にしょいこむように保ちます。
■性 格
明朗で快活、賢く素直。非常に甘え上手な天性の愛玩犬。屈託なく愛らしい性格には抗い難い魅力がありますが、やはり過度の甘やかしは避けたいもの。幸い訓練もしやすいので、愛情を持って一貫性のあるしつけを心がければOK。お姫さま・王子さまは、優しさと幸せに包まれてこそ、より一層の輝きを増すようです。
■グルーミング
手入れを怠ると、非常にだらしなくなります。グルーミングには相当の手間と予算が必需。毎日のコーミングとブラッシングは不可欠で、シャンプーは最低1カ月に1度程度は行ないます。まず体温よりぬるめのシャワーで全身を濡らし、マッサージするように洗って、よくすすぎます。次にリンスかトリートメントを塗布し、まんべんなくすすいだ後、タオルで水気を吸い取ります。最後に、温風・冷風を切り替えてドライヤー乾燥で仕上げます。定期的なトリミングは、体形を生かしながらふんわりと刈り込むこと、パウダー・パフのようなやわらかさと丸さが要求されます。そのためプロの手に頼るのがいちばんです。
■運 動
ストレス解消と日光浴を兼ねて、1日20分程度の引き運動と、室内や庭先などで行なう自由遊びを含めた全身運動を10〜20分程度行ないます。夏期は涼しい時間に、雨季は無理せず自由遊びを中心にするなど、季節・体調・年齢に応じて、内容を調節します。
■食 事
回数は、若犬〜成犬なら1日1〜2回が目安。基本は栄養バランスのとれたドライ・フードがおすすめ。2回の場合の内容は、例えば、朝がドライ・フードにスキムミルクをふりかけたもの。夕がふやかしたフードに、タンパク質(肉・内臓類を味なしで軽く煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、少量のチーズなど)、穀類(めん類、ごはん、パン)、缶詰フードなどを全体の2割程度加えた混合食と、変化をつけて与えます。新鮮な水を常備し、糖・塩分の濃い人間食の与えグセを避け、犬にとって健康的な食生活をしつけます。