ダンディ・ディンモント・テリア
 18万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
ダンディは「犬のなかの哲学者」と呼ばれ、来客の接待は控え目。近寄りがたいが、一旦親しくなればなかなか人づきあいのよい犬です。飼い主の頼みとあれば、人前でお行儀よくしています。堂々たる吠え声を誇り、悔りがたい番犬でもあります。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス20〜28cm メス20〜28cm
【体 重】 オス8〜11kg メス8〜11kg
■歴 史
1700年ごろ、スコットランドとイングランドの国境付近にあるチェビオト丘陵の猟師により小獣猟犬として作り出されたといわれ、硬い毛を持つテリアとダックスフンドとの交配によって生まれたとも、オッターハウンドとの交配によるものとも考えられています。作家のサー・ウォルター・スコットがスコットランドを旅したときにこの犬種に出会い、それを小説『ガイ・マナリング』(1814年)のなかで農夫ダンディ・ディンモントが飼育する6頭の勇気あるテリアとして描いたことから有名になり、現在の犬種名がつけられました。かつてはアナグマやカワウソの猟犬でしたが、愛らしい外見によって愛玩犬の道をたどるようになりました。
■外観特徴
いちばんの特徴は頭頂に綿帽子をかぶったような冠毛。骨太で肢が短く体長の長い小型のテリアです。垂れ耳。目は栗色。尾は太く、やや短く、先が細く、刀のようにカーブしています。スカルから尾の付け根まではやや硬めの毛とやわらかい毛が入り混じり、胴体の下側の毛は上側の毛より色が薄くて、よりやわらかい。毛色は洋ガラシ色と胡麻色。洋ガラシ色は赤味がかかった褐色から明るいフォーンまでいろいろ。頭部はクリームがかかった色。肢は頭部よりも暗い色合い。腕にいくらか白いところがあります。
■性 格
大胆だが温和従順で、吠え声の大きいのが特徴。頭がよくて子どもが大好き。番犬としても優秀なこの犬は、今では猟犬というよりもチャーミングな家庭犬として愛されています。黒目がちな瞳は大きく、とてもやさしい感じ。しかし自主独立の精神が強く、強制されることはあまり好きではありません。家族をよく慕うがただ1人を主人と決め、些細なことで腹を立てない鷹揚な性格の主人を好みます。好奇心旺盛。何にでも首をつっこみたがり、ときに頑固で訓練には時間がかかることも。
■グルーミング
被毛は規則的にブラッシングして、年に何度か刈り込んで形を整えましょう。とはいえ、決して手間暇かけてめかしこんだように見えてはならないのがダンディ・グルーミングの鉄則(?)です。日頃の手入れは週に3回ブラッシングを行ない、コーミングも行ないましょう。換毛が少なく、手入れを怠るとマットができてしまうので、飼い主はできるだけまめにグルーミングを。
■運 動
リードをつけての長時間の散歩は、体調をよくし、飼い主との親近感を養います。歩様は気取った感じで、リズミカルですが、この犬は決してリードから離さないこと。離すと韋駄天走りに去って帰ってこないことになるので注意しましょう。庭土を掘って外へ出ない工夫も忘れずに。安全な場所での自由運動は思いきりさせてあげましょう。
■食 事
ドライ・フードや缶詰めなどの総合栄養食が手軽ですが、小型犬なので与え過ぎないように気をつけること。生後6カ月くらいまでの子犬は、食事回数を1日3回にしてもよいですが、これは1日2回の量を3回に分けて与えるということ。食欲旺盛だからといって与えすぎは厳禁です。1回ずつの量は少なめにして、太りすぎないようきちんと体重管理してください。