フレンチ・ブルドッグ
 15万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
大きなコウモリ耳が可愛らしいフレンチ・ブルドック。愛嬌があって活発で遊び好き、ふだんはほとんど吠えませんし、むやみに走り回るタイプでもないので、都市の室内犬に最適といえます。
【原産国】 フランス
【体 高】 オス30cm メス30cm
【体 重】 オス10〜13kg メス10〜13kg
■歴 史
その起源には、スペインの牛追い犬の系統という説もあるようですが、有力なのは、1860年ごろ、イギリスからフランスに送られてきたイングリッシュ・ブルドッグに、パグやテリアを交配して作出されたという説。当初はネズミの捕殺に使われていましたが、その一方で、貴婦人たちの間でも大人気を博したという話もあります。1900年ごろには、ローズ耳とコウモリ耳の2タイプがあり、ヨーロッパではローズ耳、アメリカではコウモリ耳と、好みがはっきり分かれていたようですが、アメリカ人の努力によって、コウモリ耳が標準となったとか。日本に紹介されたのは大正時代のこと。以降、昭和初期にかけて数多く飼育されたそうで、現在も、明るく利口な家庭犬として根強い人気があります。
■外観特徴
小型犬ながら筋肉質で力強い体形をしており、頭の上に立つコウモリの羽のような耳が大きな特徴となっています。平らな前額部には深いシワが刻まれており、頬は筋肉に富み、両目の間の窪みは深く、幅広の鼻口部は短く、下顎は突き出てしゃくれあがっています。目は大きく丸みをおび、瞳の色は暗色。特徴的な耳は付け根の位置が高く、幅が広く、大きさは中ぐらい。背は短くまっすぐで、たくましい筋肉をしています。根元が太く先細の尾は、付け根の位置が低く短く、形はストレートか、らせん状によじれたスクリュー・テイル。被毛は短くやわらかで、光沢があります。毛色は各種のブリンドル(暗いまたは明るい地色に、明るいまたは暗い差し毛が混じっているもの)がありますが、暗色のほうが好ましいようです。ほかに、ブリンドルと白、フォーンなどもあります。
■性 格
愛好家の間では、なかなかよい番犬になるという評判もあります。愛嬌があって活発で遊び好き、多少いびきはかきますが、ふだんはほとんど吠えませんし、無制限に走り回るタイプでもないので、都市の室内犬にも最適といえます。ただ、急にセンチになって甘ったれてくることもあり、子どもやほかのペットと張り合いやすいという面があるとか。その甘えん坊な性格から、若い家族よりはお年寄りの孫代わりに向いているともいわれます。
■グルーミング
被毛の手入れは基本的に楽。日常的には軽いブラッシングで充分ですが、やわらかく光沢のある毛質を保つためには、獣毛ブラシを使ったブラッシングがオススメです。特に気をつけたいのは、目や鼻にあるシワの手入れ。週に1度は、やわらかな布や綿棒を使ってシワの間を拭くなどして、常に清潔を保ってあげてください。定期的に歯やツメの手入れをすればよりベターです。
■運 動
活発で散歩が大好きなので、1日1度、最低30分程度は、戸外で散歩をさせてあげましょう。ただし、暑さ寒さに弱いので、戸外での運動は、夏は涼しく冬は温かい時間帯を選ぶように。遊びも好きなので、室内では玩具を使って一緒に遊んであげるのもいいでしょう。
■食 事
栄養バランスに配慮して、太り過ぎに注意することが大切。歯の健康にも効果のあるドライ・フードと総合栄養食と表記されたウェット・フード(缶詰)の混合食を与えるとよいでしょう。肥満傾向が見られる場合は、栄養バランスのとれたダイエット用フードに切り替えて。健康維持のためにも、体重管理に配慮した規則正しい食生活を心がけてください。