ウェルシュ・コーギー・カーディガン
 8万円〜 18万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
先祖は牛の誘導や小動物の猟犬をしていました。昔は今以上に俊敏で気性の荒い犬でしたが、その風貌にかつての面影が残っています。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークとの違いは尾と耳に出ています。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス27〜32cm メス27〜32cm
【体 重】 オス13.5〜17kg メス/オスよりやや軽い
■歴 史
紀元前1200年頃に中央ヨーロッパからケルト族とともにウェールズへやってきた犬といわれ、祖先犬は長胴短脚の犬の代表格ダックスフンドと同じ血筋と考えられています。ガーディガンの歴史はきわめて古く、約4000年にもおよび、 920年には、ウェールズの法規に家畜犬として記されています。ウェールズのガーディガンシャーの丘陵地帯に住む人々が、この有能な犬が外部に知られることを喜ばなかったため、一般に知られるのはずっとのちのこと。1933年、のちにイギリス王となったジョージ6世がまだヨーク公といわれていたころ、宮廷で飼育したのがきっかけに人気犬種となりました。
■外観特徴
肢が短いため体が地面に近く低く、がっしりとして力強い小型犬。2種類いるコーギーのうち、ひと目でカーディガンとペンブロークとの見分けがつくのは尾。長い尾を持つカーディガンと違い、ペンブロークの方は尾がありません。大きな立ち耳にも特徴があり、カーディガンの耳先はややとがっているのに対して、ペンブロークの耳先はわずかに丸みをおびています。またカーディガンのほうが毛色の範囲が広く、レッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンのほか、ブルーマールのものもあります。
■性 格
足は短くても力持ち。生まれながらの見張り役。常に周囲のあらゆるものに目を光らせていますが、攻撃性はほどほど。家族にはよくなつき、飼い主には忠実です。子供にも寛容。とても賢く冷静で、意志が強く順応性もあります。自立心旺盛なぶん、しつけにおいては飼い主と犬が根比べする部分も。カーディガンはペンブロークより心もち落ち着いた性格です。
■グルーミング
コーギーの被毛は自然な状態が好まれるので、手入れは簡単といえるかもしれません。真っ直ぐで硬い毛は絡んで毛玉を作る心配もないので、毎日のブラッシングはピン・ブラシで全身を軽くとかして抜け毛を取り除き、あとはコームで整える程度で充分です。ただし、ダブル・コートなので換毛期には相当な量の毛が抜けます。換毛期のブラッシングは念入りに行なってください。カットは足まわりとパッド(足の裏の肉のふくらみ)のまわりの毛のみです。伸びてきたらカットしましょう。
■運 動
陽気で遊び好き。非常に体力やスタミナがあります。食事で摂取したエネルギーを消費するためにも、運動は毎日たっぷりと。運動不足はストレスから無駄吠えなどの問題行動の原因にもなります。リードをつけた引き運動は朝夕2回、軽快なスピードで30分程度走らせるのが目安。夏は、夜間か、夕方なら地面の熱がすっかり冷めたころに外に連れ出すようにし、日中の運動は絶対に避けてください。背が低いため、地面の照り返しをまともに受けてしまうからです。
■食 事
基本的に食欲旺盛。食べ過ぎにならないように気をつけましょう。胴の長い犬の場合、肥満は背骨に負担がかかり、重大な問題となります。食事は栄養バランスのよい、品質のよいドライ・フードを発育段階に合わせて与えること。肥満を防ぐには間食をさせないことも重要です。人間の食べ物を与えたり、よくない癖をつけないようにしてください。