キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
 8万円〜 18万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

キャバリアとは「中世の騎士」のこと。長年キング・チャールズ・スパニエルと混同されていましたが、はっきり区分されたのは20世紀はじめ。従来の気立てのよさに、名画同様の愛らしいルックスが加わって、今や世界に名だたる超人気犬になっています。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス31〜33cm メス31〜33cm
【体 重】 オス5〜8kg メス5〜8kg
■歴 史
祖先犬はスペインかフランス産の鳥猟犬。歴代のイギリス君主に愛され、名前も特別な寵愛を捧げたチャールズ2世(1630-85)に由来していますが、ここまではキング・チャールズ・スパニエルと同じ。ところが犬は、その後の交配で容姿が変貌。1828年、ヴァン・ダイクの名画「キング・チャールズ2世」当時の姿に復活させる運動が起きました。特に1926年、アメリカ人のロスウェル・エルドリッジが復古的容姿の犬に多額の値段をつけたことで繁殖が進み、1945年に単独の犬種として公認されました。
■外観特徴
キング・チャールズ・スパニエルとの違いは顔立ち。ストップと呼ばれる目の間のくぼみは浅く、先細の鼻先までは約4cm。黒い鼻は大きめで、高い位置についた耳は長く、飾り毛が非常に豊か。丸く大きな離れがちの目は、飛び出たような感じではありません。体格はキング・チャールズ・スパニエルよりも少し大柄。背中はまっすぐで、腹は適度に引き締まり、幅広な胸と腰は、よく張っています。四肢には豊かに飾り毛があり、尾は断尾される場合もありますが、その際3分の1以上を切りません。わずかにウェーブがかった被毛は、やわらかな絹状の長毛。色は、ブラック・タン、ブレンハイム、トライカラー、ルビー。
■性 格
明朗で活発で温和。好奇心が強く愛敬たっぷり。誰にでも友好的すぎるのが、主人にとっては玉にキズ。愛情深さもピカいちで、多大な信頼を寄せて飼い主を慕ってくれます。その気立てのよさは、主人の愛情を映す鏡のようなもの。スパルタ的に厳しい訓練や過度の放任・甘やかしからは引き出せません。本来は健康的で丈夫。しかし一部には人気に乗じた粗雑なブリーディングもあるようです。子犬を入手するときは、なるべく専門ブリーダーなど、信頼できる場所から選ぶことが肝心です。
■グルーミング
日常の手入れは、体が汚れていたら適温の蒸しタオルで拭く〜クシを使って毛のほつれをやさしく解く〜全体をブラッシングする、という手順で行ないます。シャンプーは、1カ月に1度程度で充分。過ぎると皮膚がカサつきます。手順は、まずシャンプー前に肛門の内側にある肛門腺をティッシュなどで絞っておきます。その後、体全体を体温より低めのシャワーで濡らし、マッサージするようにシャンプーします。まんべんなくすすいだ後、リンスを塗布し(毛が傷んでトリートメントする場合は、ここで数分蒸しタオルで包みます)、全体にクシを通してから再びよくすすぎます。水気をタオルで吸って、温風・冷風を切り替えながら素早くドライヤー乾燥させます。耳そうじは10日に1度くらいが適当。イヤーローションなどに浸した綿棒で、やさしく垢を落とします。涙や目ヤニで汚れた場合は、コットンで目を傷つけないようやさしく汚れを落とし、2%程度に薄めたホウ酸水で洗い流します。グルーミングは、子犬期から充分慣らすのが肝心。やさしくしつけてください。
■運 動
1日20〜30分程度の散歩をさせます。多くの運動量は要しませんが、体調、季節、年齢に合わせて内容を調節します。コミュニケーションを兼ねた室内の自由遊びも喜びます。広場での自由運動は、性質上、ほかの犬から威嚇・攻撃されたり、他人についていったりしないよう避けたほうが無難です。
■食 事
回数は、若犬・成犬なら1日1〜2回が目安。内容は、ドライ・フードを基本に、タンパク質(肉・内臓類を煮たもの。鶏のササミか胸肉がおすすめ)、カルシウム(ミルク、チーズ類)、犬の好む缶詰フードなどを全体の2割程度加えた混合食が一般的。混ぜものは小さく切って入れます。常に新鮮なものを与え、一定時間が過ぎたら下げて処分するようにしてください。この犬種は、食事のわがままも少なく丈夫ですが、食べ過ぎが便に反映しにくい面があります。一度太ると、食事療法で体重・体形を戻すしかありません。カロリー過多に注意して、塩分・糖分の濃い人間食の与えグセを避け、犬にとっての健康的な食生活をしつけてください。