ノーフォーク・テリア
 15万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
多種多様なテリアが交配されて誕生。かつてネズミ捕獲用の猟犬としてケンブリッジ大生の間で流行し、大学の略称にちなんだ「キャンタブCantab」の愛称で親しまれていました。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス23〜25.5cm メス/オスよりやや小さい
【体 重】 オス5〜5.5kg メス5〜5.5kg
■歴 史
祖先は、イングランド東部に位置するノーフォーク州ノーリッチで飼育されていた土着テリア。19世紀後半、アイリッシュ、ボーダーなど多くのテリア種と交雑されて誕生。ケンブリッジ大学の学生に猟犬として愛好されたノーリッチ・テリアとは、耳以外の特徴は同じ。後に個別化されるまでは同種として扱われていました。1932年にケネル・クラブに登録。1935年、ショー・デビュー。そして1964年、垂れ耳を持つ犬種がノーフォーク・テリアと名づけられて独立しました。今は猟犬、家庭犬として飼育されています。
■外観特徴
ノーリッチ・テリアとの違いは耳。わずかに先が丸く、頭頂から頬に沿うように中折れしているのが特徴。質感・感触はベルベットのようになめらか。体形は小柄で少々ずんぐり。重心に安定感があり、力強い筋肉におおわれています。四肢は短く骨太。前肢は立つときに開き気味です。被毛は、硬く針金状の上毛、体にぴったり張りつくような下毛の二重毛。色は、ブラック・アンド・タン、濃淡が多彩なレッド、ウィートン(小麦色)、グリズル(青灰色)があります。黒っぽいポイントは許されますが、白いマークは好ましくありません。顔立ちは、適度に丸く幅広い頭、離れがちの目は卵型で、くさび型の鼻、と全体的に素朴な印象です。
■性 格
猟犬時代は「原野の小悪魔」と呼ばれたほどの小さな猛者。勇敢さ、持久力、鋭敏な感覚など、その気質は未だ衰えず、有能な番犬として活躍できます。しかし飼い主にとってありがたいのは、利口で、テリアとしては比較的しつけやすいこと。自尊心は持っても、ケンカっぱやくなく、頑として引かない強情さはありません。子どもには寛容で、飼い主に献身的。明るく活気に満ちた愛敬者です。
■グルーミング
日常の手入れは、ブラッシング程度で充分です。体が汚れたら固くしぼったタオルなどで拭きあげます。シャンプーは、気になったときに行なえばいいでしょう。定期的なトリミングが必要ですが、持ち味である素朴さを生かして大まかに形を整える程度。ざっと刈り込んでラフに仕上げるのがポイントです。トリミングのやり過ぎは好まれません。
■運 動
家庭犬であれば毎日20〜30分程度の引き運動と、室内や庭先で行なう自由遊びなどを10〜20分組み合わせて行ないます。遊び好きなので、おもちゃ、ボールなどを使って、充分遊ばせることが大切。元・猟犬らしく穴掘り遊びが得意なようです。
■食 事
回数は、若犬〜成犬なら1日1〜2回が目安。一般的にすすめられる食事内容は、ドライ・フードを基本に、タンパク質(肉類・内臓類を味をつけずに煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)、缶詰フードなどを加えた混合食。太りやすいので、栄養管理が必要。カロリー過多による肥満、味つけの濃い人間食の与えグセによる偏食にも要注意。