アラスカン・マラミュート
 10万円〜 18万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
重い荷物を載せたソリを引いて北極地方の氷の原野を走り進んだ犬。オオカミに似たこわもての顔つきからは想像しがたいほど、人なつこい面もあります。
【原産国】 アメリカ(アラスカ地方)
【体 高】 オス63cm メス58cm
【体 重】 オス38kg メス34kg
■歴 史
マラミュートという名前は、アラスカ北西部に住んでいたマーラミューツの人たちが飼っていたことにちなんでつけられました。ソリ引きのほか、狩猟や漁業にも使っていた犬で、ルーツはロシアのシベリア地方原産の犬にさかのぼるともいわれています。アラスカに多くの白人が上陸したゴールド・ラッシュ時代、賞金をかけたソリ犬・レースが流行。特に1909年からの10年間、彼らが連れ込んだほかの犬種との交配が盛んに行なわれたため、この犬種の純血が危ぶまれたこともありました。しかし、その後、アメリカ本土でもソリ引きレースが始まったことがきっかけで、純粋種の保存運動が起こり、1926年以降、改良が繰り返されて今日の形に定着。1935年にはAKC(アメリカン・ケネル・クラブ)に第1号が登録されなした。現在では、作業犬というよりも、家庭犬として、各国で愛育されるようになっています。サモエドやシベリアン・ハスキーが、同じスピッツ・タイプとしてあげられます。
■外観特徴
肩の間の背の隆起が高く、胸は力強く、腹は引き締まり、腰や四肢は筋肉が発達し、全体に引き締まった体形をしています。頭部の大きさは胴体とバランスがとれ、目はアーモンド型、鼻先へ向けて細くなる鼻口部は、大きくほどよい長さで、ピンと立った三角形の耳は中くらいの大きさで先がわずかに丸みを帯びています。被毛はどんな寒さにも耐えられる厚い二重毛で、上毛は雪や氷もはねのけるほど粗く、フワフワと密生した下毛は撥水性、保温性抜群。毛色はウルフ、グレー、黒、白、その他の混合色で、顔面、下腹や四肢は白く、頭部に暗褐色の独特の模様をつくっているものが望まれます。なお、体全体が1色の場合は白に限って許されています。
■性 格
集団性に富み、忍耐力があります。オオカミのようなこわもての顔に似ず従順で人なつっこい面もあり、知っている人間には喜んで戯れつくことも。かつて、犬ゾリ・レースで実力を発揮していただけに、力強く活発に動くことも大きな特徴となっていますが、現在は、家庭犬として飼われるケースがほとんど。早期からきちんとしつければ、頼もしく楽しい家族の一員になるでしょう。
■グルーミング
手入れはやさしく、極論を言えば、一週間に一度のブラッシングでも耐えられるほどです。とはいえ、毎日の運動後にはスキンシップを兼ねてブラッシングをしてあげたいもの。特に顔の前面、腹、四肢は白いものが多く、汚れも目立ちます。1週間に1度は熱い湯で固くしぼったタオルで拭いてあげるといいでしょう。また、換毛期には、ブラッシングとコーミングをしっかり行ない、死毛を取り除いてやることが大切。暑さが苦手な犬ですから、夏場は特に被毛の手入れを頻繁に行なってください。
■運 動
極寒の大地でソリを引いた体力を持つので、充分に運動させてやることが必要。1日2セット30分程度の速歩か自転車による運動に、できれば、広い場所での自由遊びを組み合わせてあげましょう。労働的な要素を含んだ運動をさせれば喜びます。ただ、寒さには強いけれど夏の暑さにはとても弱いため、夏期の運動は涼しい時間帯を選び、運動量も加減することが大事です。
■食 事
成犬の食事回数は1日1回または2回のいずれか。1日1回の場合は夕方与えるのがベストです。栄養的にはドライ・フードだけでも充分ですが、嗜好性を加味してあげたいならば、ドライ・フードを基本にして、ウェット・フード(缶詰め)のほか、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)などを加えた混合食を与えてもいいでしょう。暑さに弱いので、特に夏場の健康管理は重要。体調に考慮しながら、適量を規則正しく与えることを心がけてください。