ベルジアン・タービュレン
 18万円〜 28万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
エレガントで知能も高い才色兼備の犬。そのうえ、愛情深く、飼い主思いで子ども好きと、家庭犬に望まれる素質も充分に持ちあわせています。一緒に暮らせば、家族全員に愛される素敵なパートナーになることでしょう。
【原産国】 ベルギー
【体 高】 オス61〜66cm メス56〜61cm
【体 重】 オス28kg メス28kg
■歴 史
そのルーツには不明なところが多いようですが、中世のころから、西ヨーロッパで活躍していた牧羊犬の子孫といわれています。当時の絵画のなかには、王侯や騎士にともなわれたこの犬が描かれた作品があることから、伴侶犬や軍用犬としても飼育されていたと推測されます。タービュレンという名は、ベルギーの首都ブリュッセルの郊外にある小さな町テルビュレンにちなんでつけられたもので、1897年にベルギー・ケネル・クラブの公認犬種として、正式に登録されました。産業革命以降、牧羊犬としての活躍の場はなくなりましたが、美しい容姿と優れた能力、主人思いで愛情深い性格から、多くの人々に最良の家庭犬として愛育されるようになりました。現在は、家庭犬としてだけではなく、身体障害者のよきパートナーとして、あるいは、セラピー・ドッグとしても、評価が高まっています。
■外観特徴
顔立ちも体形もエレガントな、全体のバランスがよくとれた中型犬。つややかな鼻は黒く、中くらいの大きさの目はふちが黒くアーモンド型で、瞳は暗褐色が望ましいとされています。三角形の耳は前方を向いて直立しています。尾は飛節に達するほどの長さで、先端をやや後方に持ち上げる感じに保っており、行動するときも背線より上にかかげることはありません。被毛は二重毛。上毛は長くまっすぐで豊富。下毛は非常に密でなければなりません。毛質はやわらかすぎず硬すぎず、中くらいの粗さで、ウェーブした毛や巻いた毛は好まれません。頭部、耳の外側、下肢の毛はかなり短く、首の回りは豊富。尾にも豊かな毛があります。毛色はフォーンからマホガニーまであり、毛先は黒。顔面や耳の毛も黒く、年齢とともに黒さが目立ってきますが、メスや若いオスの場合はそうでなくても許されます。黒一色とレバーは認められず、胸、指先、顎と鼻口部の、特に定められた以外の部分にある白も認められません。
■性 格
タービュレンはほかのベルギー産シープドッグに比べてややデリケートといわれますが、それゆえによい家庭犬になるといえます。美しくエレガントな容姿を持ち、知能はきわめて高く、性格は注意深くて勇敢。その動きは溌剌としてしなやかで、しかも、飼い主思いの忠義者で子どもと遊ぶのも好き。家族として迎えるのに申し分のない魅力的なパートナーといえるでとょう。
■グルーミング
特別に凝った手入れをする必要はありませんが、美しい毛並みを保持するために、ブラッシングとコーミングを毎日行なってあげたいものです。被毛の汚れは、通常は硬く絞ったタオルで拭き取り、定期的にシャンプーしてあげるとよいでしょう。換毛期には、コーミングをいつもより丁寧に行ない、死毛をきちんと取り除くことを忘れずに。
■運 動
活発な犬種なので、1回最低30分〜1時間の運動をできれば2回行なってください。引き運動のほか、自由運動、ゲーム的な要素を含んだ運動を組み合わせればベスト。ジョギング、ハイキング、サイクリングをはじめ、アクティブなレジャーに同伴すると楽しい仲間になります。
■食 事
成犬の食事回数は1日1回または2回のいずれか。1日1回の場合は夕方与えるのがベストです。栄養的にはドライ・フードだけで充分ですが、嗜好性を加味してあげたいならば、ドライ・フードとウェット・フード(缶詰め)を混ぜたものが栄養バランスもよく手軽です。このほか、ドライ・フードとともに、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)などを加えた混合食も考えられます。人間食の与えグセや過食・偏食に注意して、健康的な食生活をしつけましょう。