ゴードン・セター
 18万円〜 28万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
しなやかな動きと鋭敏な感覚で、通常猟のセット(かがんで獲物の居場所を知らせる)から、フット・セント(足跡の臭いから獲物を追跡する)までこなす実猟犬。際立つ猟能とともに、優雅で気品溢れる“絵になる”姿で人々を魅了します。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス61〜69cm メス58〜66cm
【体 重】 オス25〜36kg メス20〜32kg
■歴 史
起源は、17世紀初頭から15世紀までさかのぼるといわれ、当初は「ブラック・アンド・タン・セター」と呼ばれていました。1820年代、スコットランドの城主・アレキサンダー大公(ゴードン公爵)がバンフシャーの屋敷で優れたセターを飼育しており、それにちなんで現在の名前がつけられました。作出に当たって公爵は、実用コリー(メス)との交配という報告を残していますが、そのほかスコッチ・コリー、ブラッドハウンドが導入されたともいわれています。
■外観特徴
彫刻のように整った顔立ちは、バランスのよい頭の形、飾り毛の生えた大きな耳、まっすぐの鼻筋、輝くような暗褐色の目によってつくられています。体格は、セター種のなかでは大柄なほう。骨格も筋肉も力強く、締まるべき部分はシェイプされています。深い胸は持久力を物語るように深く、あばらが張り、飾り毛がついています。短めな尾の裏側にも飾り毛があります。滑らかで光沢のある被毛の色はブラック・タン。胸に白斑があるものは、ショーでは好まれません。
■性 格
優れた嗅覚、怠りのない警戒心、強い好奇心と積極性、忍耐力、機敏さ、抜群のスタミナなど。これら類いまれな猟能と旺盛な狩猟欲は、生まれたときから変わっていません。従順で快活ですが、この犬にとって忠誠心や愛情は、飼い主ひとりに寄せるもの。他者に親しむには相応の時間がかかります。賢くしつけやすいほうですが、どちらかといえば大器晩成タイプ。早期から粘り強い訓練を重ねれば、素晴らしい才能が開花します。
■グルーミング
毎日のブラッシングとクシを使ったコーミングは欠かせません。定期的なシャンプーも必要。手順は、温い湯で体をよく濡らし、シャンプー液を手にとって、全体をマッサージするよう手早く洗います。場合によってはリンスも可。その後は洗剤が残らないよう、しっかりすすぎ、タオルで充分に水気をとってから、ドライヤーで乾燥させます。水泳好きですが、風呂は嫌いともいわれるので、子犬期から慣らしておきましょう。
■運 動
家庭犬では、ありあまる活動欲を満たすため、相当な運動量が必要。毎日欠かさず30分程度の走りを入れた引き運動を2〜3セット。広場で行なう自由運動を組み合わせれば理想的。ストレスをためないよう、常に充分な運動を心がけてください。
■食 事
回数は、若犬・成犬なら1日1〜2回が目安。食事内容は、栄養バランスのとれたドッグフード(ドライ・タイプがおすすめ)をベースに、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚やチーズなど)、穀類(ごはん、パン)、缶詰フードなどを加えた混合食が一般的。ときどきは骨(煮た後に乾燥させたもの。鶏以外、牛・豚がおすすめ)を与えてもいいでしょう。味の濃い人間食の与えグセ、過食・偏食に注意して、犬にとって健康的な食生活をしつけてください。