オールド・イングリッシュ・シープドッグ
 12万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
広告などでもおなじみ、むくむくのルックスは愛らしくユーモラスですが、飼育に手間ひまも心もお金も惜しまない上級者向きの犬種。衝動買いは絶対厳禁。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス56cm以上 メス53cm以上
【体 重】 オス30kg メス30kg
■歴 史
17世紀以前の歴史や起源の詳細は不明。1800年代、護羊犬を経て、市場へ家畜を誘導する仕事に就いていました。鉄道が整備される前は、北のスコットランド高地から、南のロンドンまではるばる家畜を送って旅したようです。当時、家畜商の犬は課税対象。税金を収めた証拠として断尾されまた。別名の「ボブ・テイル=尾のない犬」は、これに由来しています。1961年、イギリスのメーカー広告に登場して大好評となり、一気に人気沸騰。世界的な有名犬に成長しました。
■外観特徴
上毛は、豊かに密生した粗く長めのむく毛。下毛は防水性のある毛質の二重構造。大きく四角ばった頭と鼻先から、目をおおい隠すように長い毛が生えています。色はグレー、ブルーまたはブルーマールに白斑か、白にブルーマールの斑。体長・体高はおよそ同じ長さで幅広い胸を持ち、バランスのとれた体格。四肢は毛によって丸っこく見えますが、頑丈な骨格を持ち伸びやか。通常は生後数日で第一椎骨から断尾されます。
■性 格
活気と親しみに溢れる強い自信家。飼い主がリーダーとして訓練しなければ、プロの訓練士も手を焼く暴れん坊の巨犬として猛威をふるうでしょう。大魔神ならぬ大魔犬になるか、楽しい家族になるかは一貫性のある正しい訓練次第。しっかりしつければ、大食らいながらも賢く従順、温厚で優しい家庭犬に成長します。見てのとおり暑さが弱点。大きく響く吠え声の持ち主ですが、耳障りなほど騒がしくありません。
■グルーミング
毎日のブラッシング、コーミング、定期的なシャンプーを行なってください。夏には人為的に換毛を施す必要もあります。
■運 動
シープドッグですが存分な走り込みを必要としません。毎日30分程度2セットの速歩などによる引き運動と、庭先でおもちゃなどを使って行なう全身運動を10〜20分。また遊ばせるだけではなく早い時期からしつけを行ないます。自己流でなく、経験者以外はプロの手か、そのアドバイスによる訓練を重ねていきましょう。
■食 事
1日1〜2回、栄養バランスのとれたドッグフード(ドライがおすすめ)に、タンパク質(肉・内臓類など煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚やチーズなど)、穀類(ごはん、パンなど)や缶詰フードなどを加えた混合食を年齢・体調に合わせて適量与えます。ときどき骨(煮たあとに乾燥させた鶏以外の骨。牛・豚骨がおすすめ)などを与えてもいいでしょう。過食による肥満に要注意。