サルーキ
 18万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
砂漠地帯の猟犬として鍛えられたスラリと長い四肢、美しくしなやかな体を持つサルーキは、全犬種中最古の歴史を誇るといわれています。性格はおだやかで愛情深く、たっぷり運動させること以外は、手のかからない頑健な犬です。
【原産国】 イラン
【体 高】 オス58〜71cm メス/オスよりかなり小さい
【体 重】 オス20〜30kg メス/オスよりかなり軽い
■歴 史
そのルーツは紀元前7000年ごろにさかのぼると考えられています。全犬種中最古の歴史を持つ犬といわれ、今日のサルーキの体形も、中国からアラビア、エジプトにいたるオリエント全域に何千年も生活してきたものとほとんど変わっていないといわれます。古代エジプトの王家の犬、コーランや聖書に登場する犬といえば、まずこのサルーキと思ってよいといわれるほど、遠い昔から人間の身近に暮らしてきた犬です。サルーキという名は、滅亡した古いアラビアの都市サクルにちなんでつけられたとか。北アフリカから地中海沿いの西アジアの砂漠地帯を猟場とした遊牧の民とともに、ノウサギ、ガゼル、ダチョウ、オオカミ、キツネ、ジャッカルなど、あらゆる動物をゲーム(獲物)として追っていたようです。イギリスにわたったのは1840年のこと。その後、1920年代からドッグ・ショーに出陳されはじめ、各国に知られるところとなりました。現在は、獣猟犬のほか、家庭犬としても愛育されています。
■外観特徴
スラリと長い四肢、細身のボディ・ライン、おだやかで大人しそうな顔立ちからは想像しがたいですが、砂漠地帯の猟犬として鍛えられた頑健な肉体の持ち主です。頭部は長くて狭く、人間でいえば面長タイプ。頬に接するほど長く垂れた両耳の間はほどよく広がり、鼻の色は黒か赤褐色。目は楕円形で大きく、瞳は黒からはしばみ色まであります。長い首はしなやかですが筋肉はたくましく発達。背はかなり広く水平で、腰部はわずかにアーチを描き、強くしっかりしています。胸底は深く胸幅はほどよく狭く、あばらはよく張り、腹は引き締まっています。尾は長く、カーブして保っています。前肢はまっすぐで肘がよく締まり、後肢は強くしっかりとしてほどよい角度を保っています。被毛はやわらかく絹糸のように滑らか。全身を包む毛は短いですが、胸元の毛はやや長く、耳の毛は長く、尾の下側や、前肢と後肢の一部には長い飾り毛があります。毛色は白、クリーム、フォーン、ゴールド、レッド、青灰色とタン、トライ・カラー(白、黒、褐色)、ブラック・タンなど。
■性 格
たっぷり運動させること以外は、手のかからない頑健な犬。性格はおだやかで愛情深く、やや内気なところがあります。そのため、一緒に運動し世話をしてくれる人にだけよくなつくという面も。また、猟犬の習性が強く残っているので、何か目標物(獲物)をみつけると、すべてを忘れて走り出すことも。幼犬期からの訓練、特に「呼んだら戻る」の訓練をしっかり行なっておくこと。従順で利発なので、褒めてやり、愛情深く教育すれぱ、よい家庭犬になります。
■グルーミング
毎日の手入れは、耳、尾や四肢などの飾り毛のコーミングだけでも充分。毛の短いところのブラッシングは、光沢のあるやわらかな毛質を傷めないよう、獣毛ブラシやラバー・ブラシを使うとよいでしょう。汚れが目立ってきたら、硬く絞ったタオルで拭き取ってやり、必要に応じてシャンプーを。たまにはやわらかい綿棒かコットンを使って耳そうじもしてください。また、春から初夏にかけての換毛期には、皮膚病予防のためにも、スリッカー・ブラシや金属製コームを使って下毛を充分に取ってやることが大切です。
■運 動
もともと長距離走者なので、ドッグ・レースのコースのようにコーシングできる施設で走らせると、しなやかで素晴らしい走りを見せてくれます。いずれにしても、スピードと持久力にあふれる犬種ですので、かなりの運動量を必要とします。1日2回、引き運動と自転車運動を交互に組みあわせ、最低30分〜1時間、たっぷり運動させてください。自転車運動で走り込ませるのは食前がベターですが、食後に運動させる場合は、胃ねん転など体調のトラブルを避けるため、1時間の休憩をとってからにしましょう。また、獲物をみつけるとすべてを忘れて走り出してしまうという習性がありますので、幼犬期から呼んだら戻るという訓練をきちんと行なっておくことが大事です。
■食 事
成犬の食事回数は1日1回または2回のいずれか。1日1回の場合は夕方与えるのがベストです。栄養的にはドライ・フードだけで充分ですが、嗜好性を加味してあげたいならば、ドライ・フードとウェット・フード(缶詰め)を混ぜたものが栄養バランスもよく手軽です。このほか、ドライ・フードとともに、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)などを加えた混合食も考えられます。人間の食ベ物は味付けが濃く、犬にとっては塩分過多になりますので、残り物を食事に混ぜ与えるときは、味がなくなるほど充分に薄めてください。過食・偏食に注意して、規則正しく健康的な食生活をしつけましょう。