チェサピーク・ベイ・レトリーバー
 25万円〜 30万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
数少ないアメリカ産の鴨猟犬。現在の犬種名の由来は、メリーランド州とバージニア州に入り込み、首都ワシントンに接するチェサピーク湾(ベイ)沿岸を故郷とされているから。かつてはアメリカ・ダック・レトリーバーと称されていました。
【原産国】 アメリカ
【体 高】 オス58.5〜65cm メス53〜61cm
【体 重】 オス29.5〜32.5kg、メス25〜29.5kg
■歴 史
この犬種の起源はあまり明瞭でなく、いろいろな説がありますが、祖先はイギリスから渡来したと信じられています。1807年のある日、イギリスの帆船がチェサピーク沖で遭難し、アメリカ船キャントン号に救助されました。そのとき難破船が一つがいのニューファンドランドの子犬を救助のお礼として土地の人に贈りました。この両犬が土地のレトリーバーと交配したとされています。別説では、ニューファンドランドがイングリッシュ・ウォーター・プードルと交配して生まれた子孫が今日のチェサピーク・ベイの祖先犬であるともいわれています。ともに、ニューファンドランドが基礎になって新犬種ができたことは認められますが、外貌はイギリスのフラットコーテッド・レトリーバーやカーリーコーテッド・レトリーバーに似ています。
■外観特徴
よく均整のとれた体形をしている、堅固な中型犬です。被毛は厚いが耳は垂れ、頭部は頭蓋の幅が広く丸みがあり、ストップは中庸の深さ。鼻は中くらいの大きさで短い吻は尖るが、過度ではありません。被毛は密生していて短く、長さは3.7cmを少しでも越えてはならず、下毛は細かいウール状の毛で厚くおおわれています。顔や肢の毛は短毛ほど望ましく、直状毛で、肩、首、背、腰部のみウェーブがかかっているのがよいとされています。毛色は濃いブラウンないしは淡いタン、または枯草色までのブラウン単色。
■性 格
勇気、仕事への熱意、用心深さ、優れた嗅覚と気性。寒さに耐え、水を恐れないなど、猟犬にふさわしい資質が備わっているチェサピーク・ベイ。快活、陽気な性質、知的な表情で、体全体の輪郭から優れた働きをする犬としての印象が伝わってきます。温和で人間にもよく慣れ、愛情も豊か。盲導犬としても活躍しています。
■グルーミング
この犬は被毛に大きな特徴があります。雪や氷のなかでも仕事をしなければならないため、粗い毛の上毛やウール状の下毛に脂を含み、カモの羽毛の働き同様に水をはじく働きと皮膚に冷水を浸み込むのを防いでいます。ぬれた毛もすばやく乾くため、グルーミングはそれほど難しくありません。ブラッシングは簡単ですが、水遊び後の手入れは怠りなく。
■運 動
都会でも郊外でも、充分な運動量が必要です。ただし放し運動はほかの動物などに危害を及ぼすことがあるので、広い場所で飼い主のしっかりした管理のもとで行ないましょう。活動的なうえ、泳ぎが大好き。海水浴のよき同伴者となります。
■食 事
若犬〜成犬は1日1〜2回を目安に与えます。一般的な食事内容は、ドライ・フードを基本に、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)、好みで缶詰フードなどを加えた混合食。味つけの濃い人間の食べ物の与えグセは、偏食のもと。きちんとした栄養管理で、犬にとって健康的な食生活をしつけましょう。