チャウ・チャウ
 15万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
チャウ・チャウという名は、ソリを意味する中国語「チャウ」に由来しているようですが、1800年代のヨーロッパの水夫たちが使っていた種々雑多な船荷を示す言葉にちなんで命名したともいわれています。飼い主には忠実ですが、誇り高く頑固な面があるので、幼犬期からのしつけが大事といわれます。
【原産国】 中国(広東省中心)
【体 高】 オス43〜51cm メス43〜51cm
【体 重】 オス20〜32kg メス20〜32kg
■歴 史
その祖先は人類に最初に飼われた「泥炭層犬(スイスで発掘された1万年以上前の湖上集落跡から化石が発見された犬)」ではないかと考えられています。約3000年前から中国にいたとされ、広東省を中心とした地域が原産地となっています。紀元前150年ごろの漢王朝のレリーフには、猟犬らしいこの犬とよく似た犬の姿も残されていますが、当時は、狩猟やソリ引きのほか、食用犬としても飼育されていたようです。18世紀末にヨーロッパに紹介されたものの、本格的な輸入が始まったのは19世紀末からのことで、イギリスでは1895年に単犬種クラブが設立されました。現在のチャウ・チャウは、チベタン・マスティフとサモエドとの交配によってつくりだされた犬といわれ、ほとんど家庭犬として飼われています。
■外観特徴
フワフワと豊富に密生した長い毛に被われていることから、プヨッと太ったイメージがありますが、実はスクエア・タイプの筋肉質な体形の持ち主。頭部は大きく、頬から顎にかけてたてがみのような毛が生えているのが特徴です。深くくぼんだ目はアーモンド形、大きな鼻は黒く、舌と口の中はブルー・ブラック。耳は小さな三角形で前傾気味に立ち、先はわずかに丸みをおびています。つけ根の高い尾は背に密着して背負っており、四肢は筋肉もよく発達し、指は猫足のように短く丸く引き締まっています。被毛は二重毛。上毛は密生した粗い毛が開いた感じに立って生え、下毛は羊毛のようなやわらかさがあります。毛色はレッド、フォーン、クリーム、黒、ブルーなどの単色で、首の飾り毛、尾の裏側、大腿と下肢の毛の色には明るさがあります。
■性 格
風変わりな犬とされ、しつけのできない運動嫌いの犬と評する人もいるようですが、その一方で、嗅覚の鋭さなど、犬としての能力は万能であるともいわれています。また、飼い主のあとをくっついてまわり、いつも側にいることが幸せと感じているようなところなど、一緒に暮らしている人だけがわかる魅力をたくさん持っている犬といえるでしょう。人見知りで、頑固な一面もありますが、冷静沈着で、飼い主やその家族には友好的ですので、幼犬期からきちんとしつければ、家庭犬としての従順さはしっかり身に付きます。購入時は健康的にブリードされた犬を選ぶことがポイントです。
■グルーミング
フワフワと密生した長い被毛を美しく保つためにも、丁寧な手入れを心がけることが大切。毎日のブラッシングとコーミングはもちろん、定期的なシャンプーも不可欠です。また、皮膚病にもかかりやすいので、涙や目ヤニがたまらないよう常に目を清潔に保ち、顔のヒダもよく拭いて乾燥させるなど、きめ細かなケアが必要。できれば月に1度は専門家に手入れを任せるほうが無難ですが、人見知りするので、幼犬期からきちんと手入れしてもらえるようにしつけておくことをお勧めします。
■運 動
放っておくと、日がな一日、のんびり座って過ごすこともできてしまう犬ですが、健康維持と肥満防止のためには、適度に運動させることが大切。軽い運動を兼ねた室内遊びに加え、毎日1回の散歩を習慣づけましょう。
■食 事
若犬〜成犬の食事回数は1日1〜2回。内容は、総合栄養食のドライ・フードだけでもよいですが、嗜好性を加味するならドライ・フードに缶詰のウェット・フードを混ぜた混合食が手軽です。室内飼育の場合、おやつなどの間食をつい与えてしまいがちですが、こうした行為は肥満の元凶。健康維持のためにも、運動量に見合った適量を規則正しく与えることが大切です。