ポメラニアン
 8万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

容姿も性格もチャーミングな犬。舞台度胸もよく、欧米ではショー・ドッグとしても、高い人気を誇っています。まさに、愛玩犬のなかのトップ・アイドル的存在といえるでしょう。
【原産国】 ポメラニア地方(ドイツ東部、ポーランド西部にまたがる地方)
【体 高】 オス20cm メス20cm
【体 重】 オス1.5〜3kg メス1.5〜3kg
■歴 史
北方スピッツ系のサモエドを祖先とする牧羊・作業犬の血を引くといわれています。ポメラニアンという名は、ポメラニア地方で小型に改良されたことにちなんでつけられました。1888年、イギリスのビクトリア女王がイタリアからイギリスへと連れ帰り、1891年に初めて開催されたクラフト・ショー(現在のイギリス・ケネル・クラブ本部展)に出陳したのが、メジャー・デビューのきっかけで、同年にはポメラニアン・クラブも設立されています。その後も、小型化への努力が重ねられ、毛色もより美しく改良されて、今日見られる容姿が完成しました。欧米はもとより日本でも、優れた家庭犬、愛玩犬として、多くの人々に愛育されています。
■外観特徴
体の各部がよく引き締まったコンパクトな体形で、顔面と四肢の下方を除いて、豊かでフワッとした被毛に包まれています。頭部は、特に額が丸くやや突き出た感じに見え、両目の間のくぼみははっきりしています。上顎と下顎はよく調和し、鼻口部はよく引き締まって、鼻筋は短く、鼻の色は黒いのがよいとされています。目は中くらいの大きさのアーモンド型で瞳は濃く、小さい三角形の耳は、両耳がほどよく離れてつき、前方に直立しています。尾は付け根の位置が高く、背の中央に背負っています。フワッとした豊かな被毛は、下毛はやわらかい綿毛、上毛はまっすぐで粗い毛が立って開いた感じで全身を被っています。首の周り、肩の前部や胸には特に長い飾り毛があり、それが肩まで広がっています。また、腰からかかとまで長毛か飾り毛によって被われているのも特徴。毛色は黒、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、オレンジ・セーブル、ウルフ・セーブル、ビーバー、ブルー、白、パーティ・カラー、ブラック・タンなどです。
■性 格
性格は素直で快活。賢くて、とても愛情こまやかで、飼い主家族に対するサービス精神も旺盛。イキイキと表情豊かに瞳を輝かせ、フワフワの被毛に包まれた体を手マリのように弾ませる姿が、とてもキュートで可愛げのある犬です。飼い主のしつけが行き届けば、きっと誰からも愛される一家のアイドルになることでしょう。
■グルーミング
光沢のある豊かな被毛はやわらかくフワフワなので、とにかく毎日のブラッシングとコーミングは欠かせません。毛先から根元、また、特に汚れが目立たなくても、散歩から帰ってきたら、硬く絞ったタオルで全身を拭いてあげたいものです。定期的なトリミングはもちろん、光沢のある毛質を損なわないためにも、シャンプーはプロに任せたほうが無難です。回数は月1度を基本に。
■運 動
活発な犬なので、毎日の運動は欠かせません。1日1回ならば約30分、2回ならば1回20分くらいを目安にして、散歩に連れていきましょう。雨の日は室内で自由運動を。室内犬はどうしても運動不足になりがちですから、ときには、玩具を使って一緒に遊んであげるとよいでしょう。骨が細いので、あまり過激な遊びはしないように。
■食 事
若犬〜成犬の場合は1日1〜2回、栄養バランスのよい小型犬用ドッグフードを与えてください。嗜好性を加味してあげたければ、ドライ・フードとウェット・フードの混合食がオススメ。小型犬は大型犬と比べ、体重1kgに対するカロリー量を多く必要としますが、むやみに食事量を増やしたり間食させるのはよくありません。過食・偏食は肥満や病気の元です。健康維持のためにも、適量を規則正しく与えるように心がけてください。