スカイ・テリア
 18万円〜 35万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
頑丈なスコティッシュ・テリア系。顔の上まで垂れる飾り毛が独特の愛らしさを演出していますが、かつてはキツネ、ネズミ、イタチなどの害獣の猟犬として活躍していた時代も。厚いコートが鎧代わりになり、滅多に深手は負わなかったといわれています。
【原産国】 イギリス(スコットランド)
【体 高】 オス26cm前後 メス24cm前後
【体 重】 オス8.5〜10.5kg メス8.5〜10.5kg
■歴 史
テリアのなかでも最古の犬種に属し、名前の由来となったスコットランド西北側のスカイ島やミスティ島を中心にウエスト・ハイランド一帯に広く生息していました。エリザベス一世の侍医で、学者であり犬の研究家でもあったジョン・ケイアスが、1570年ごろ、この犬種を連想させる犬を記録に残しており、当時のイギリス王家や貴族の間でこの犬を飼うことが流行したとか。一説によれば、1587年に編成されたスペインのアルマダ艦隊の一隻がアイルランド西海岸で難破したとき、スカイ島に漂着した白色長毛のスペイン犬が、この犬種の祖先ともいわれています。昔はアナグマやカワウソなどの猟犬をしていましたが、現在ではそのころより体が大きく、猟欲もなくなり、おもに愛玩犬として飼育されています。
■外観特徴
頭部の飾り毛が頭の上に垂れて、目がどこにあるのかわからないくらい。全身も長い毛におおわれ、体長が体高のほぼ2倍という典型的な胴長の体形です。胴も四肢も骨格は頑丈でたくましい。立ち耳または半立ち耳で、かなり大きな感じの愛玩犬です。被毛は上毛は長くまっすぐで、下毛は短くやわらかい毛が密生。頭部の毛は少し短くやわらかく、茶色の目や額をおおっています。長い尾には、優美な飾り毛。毛色は暗色・淡色のブルー、または淡色のグレー、黒味がかかったフォーンなど。耳とマズルは黒味が強い。
■性 格
長い毛がどこか優美な印象を与える外観とは逆に、性格は勇敢で闘争心あふれ、機敏で元気なテリアの血が脈々と流れています。陽気で明るく、利口者。家族を守ろうとする意識が強い反面、強情で警戒心が強く、未知の事物を容易に受け入れない頑固なところもあり、主人と認めた人物にしか心を許さないワンマン・ドッグです。短足にもかかわらず番犬としては実に頼もしい存在。家庭犬としてのスカイは手入れもさることながら、性格がむずかしい犬です。うまくやっていくには独立不覇の一匹狼的気質を尊重することがポイント。
■グルーミング
特徴である約14cmもの長い被毛で、早くから犬展に出されていた犬種だけあってグルーミングは毎日の仕事。トリミングはほとんど必要ありませんが、良質のブラシと頑丈なメタル・コームを使って行なうブラッシングとコーミングは欠かせない日課です。コートの下の皮膚が病気にかかっていないかを確かめるために、常に耳の中と、尾の裏に糞がついていないかをチェックすること。グルーミングをきちんと行なっていれば、入浴はそれほど必要ありません。
■運 動
自由活発で無理のない、流れるような足の運び。スカイ・テリアはエネルギー満載の小型爆弾の感があり、運動はリードをつけて長時間散歩させたり、塀のある安全な庭で思いきり走りまわらせることが不可欠です。ゲームは健康な心身を保つためにも大切。運動中は必ず監視をすること。顎の力が強くパワフルで、気性がきつい犬だから、忍耐と理解をもってちゃんとしつけることが大事です。
■食 事
一般的に、小型犬は大型犬よりも体重1kgに対するカロリー量を多く必要とするといわれています。小型で運動が大好きなスカイ・テリアは、活発に動き回るだけカロリー必要量が多いといえるわけですが、肥満や病気を避けるためには、飼育環境や運動量に見合った分量を心がけ、栄養バランスのよい食事を規則正しく与えることが基本です。