シェットランド・シープドッグ
 8万円〜 18万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

国際的な人気家庭犬、通称「シェルティー」は、厳寒の荒海に孤立するイギリス最北端・シェットランド諸島原産。昔の仕事は牧羊犬。動植物が大きくならない土地で小さく育った働き者でした。古い名前は「ドワーフ・スコッチ・シェパード」。
【原産国】 イギリス(シェットランド諸島)
【体 高】 オス33〜41cm以内 メス33〜41cm以内
【体 重】 オス6〜7kg メス6〜7kg
■歴 史
祖先犬は、コリー同様スコットランドのボーダー・コリー。作出までには、サモエドなどのスピッツ・タイプやラフ・コリーの血が導入されたと思われます。原産地であるイギリスのシェットランド諸島は、過酷な自然環境のなか、草木や動物が大きく育たない北海の荒れ地。馬などの家畜も小型で、長い年月を経て自然に小型化したと考えられています。また島を来訪した船員の土産としても好評で、地元民は小型愛玩犬種との交配も進めたといいます。19世紀イギリスに紹介され、1909年に公認。当時は作業用、ショー用が明確に分別されていました。今は世界屈指の人気家庭犬として愛好される一方、牧羊犬としても活躍しています。
■外観特徴
被毛は、粗くて長い上毛、やわらかで密生した下毛の二重毛。色は、セーブル・アンド・ホワイト、トライ・カラー、ブルー・マール、黒と白。最大の特徴である首まわりの飾り毛は、オスの方が豊か。先が細くなった顔は、鼻筋まっすぐの細面。耳は半分立ち上がって、両耳の間隔は狭めです。目は褐色が多く、毛色がブルー・マールの場合は青か銀、または青磁色(片方だけの場合もある)。体は、胸がよく張り、腹はシェイプされ、全体にバランスのよい筋肉質。四肢はしっかりして、前肢裏にふさ毛がついています。長めの垂れ尾は、下側に飾り毛がつき、低い位置で保たれます。この犬種は、まれに大きいものが生まれることがあり、そのため体高には厳しい制限がつけられています。
■性 格
牧羊犬時代は、家畜を追い、家や田畑を守りながら害獣のネズミを狩る、機敏で小回り抜群の多忙な作業犬でした。家庭に収まった今、その精力的な活発さは運動・遊びに向けられています。速力・跳躍力とも軽快そのもの。明るさと元気に溢れ、利発でしつけやすく、「よく遊び、よく学ぶ」犬の典型です。飼い主を素直に慕ってくれますが、多少センシティブなので、訓練には広い心と優しさが必要。シェルティーにとって愛情とは、対等に与えあうもののようです。
■グルーミング
毎日の手入れは大まかなブラッシング。週に一度、毛玉やほつれをほぐしてから、ピン・ブラシで逆毛を立てるようにして片手で押さえる作業を繰り返した後、毛の流れに沿ってブラシを入れる本格的なブラッシングを行ないます。飾り毛の多い首、胸、尾、前肢などの部分は、粗めのクシをよく通しておくといいでしょう。毛玉の放置は、寄生虫の温床となり皮膚病の原因。こまめな点検が必要です。シャンプーは、月に1〜2回。ぬるま湯で全身を濡らしてからマッサージするように洗います。よくすすぎ、リンス液を塗布。再度しっかりとすすいで水気をタオルで吸い取った後、充分ドライヤー乾燥させてください。
■運 動
年齢・体調・季節に応じて、時間・距離・内容に変化をつけて行ないます。基本は、1日20〜30分程度できれば2セットの引き運動に、ボールやおもちゃなどを使った自由遊びによる全身運動。リードを選ぶ場合、目が粗めのチェーン・タイプにした方が首まわりの飾り毛を損ねません。
■食 事
回数は、若犬〜成犬なら1日1〜2回。食事内容は、栄養バランスのとれたドライ・フードを基本に、タンパク質(肉・内臓類を味をつけずに煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(ごはん、めん類、パン)、缶詰フードなどを加えて栄養を補強した混合食が一般的。