チベタン・スパニエル
 18万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
ちょっと気まぐれで強情なところは、ネコのようだと評する人も。でも、陽気で愛情深く、一緒に暮らす飼い主家族だけでなく、一緒に飼われている犬にもとても友好的です。
【原産国】 中国(チベット地方)
【体 高】 オス25.5cm メス25.5cm
【体 重】 オス4〜7kg メス4〜7kg
■歴 史
遠い昔からチベットにいたらしいといわれています。歴代のラマ教の教主ダライ・ラマにも可愛がられ、当時、僧院の壁の高いところに、ちょこんとしかし堂々と座る姿は僧院のシンボルであり、遠くまで見張ることのできる優秀な番犬でもあったとか。「プレイヤー(祈祷)・スパニエル」という別名は、ラマ教の信者が輪転仏具をこの犬に回させたことからきているそうです。15世紀ごろ、初めてヨーロッパに紹介され、20世紀初頭にイギリスへ輸入されると、クラブ設立、犬種標準の設定が行なわれ、それ以降、各国で飼育されるようになりました。
■外観特徴
古代犬種を思わせる面影を漂わせている小型愛玩犬で、体高より体長がやや長く、全体的にバランスがよい体形をしています。体全体から比べると頭部はやや小さく、わずかにドームのような丸みをおびています。鼻口部の先端もわずかに丸く、ほどよく離れた大きな目のふちは黒くパッチリとして、濃い茶の瞳をしています。飾り毛のある耳は中くらいの大きさ。歩くときに派手に背の上に巻く尾にも飾り毛があります。被毛は絹糸のような光沢のある上毛を持つ二重被毛で、顔面と四肢の前面は短く、胴体は中くらいの長さ。耳や尾のほか前肢のうしろ側にも飾り毛があります。毛色はゴールデン、サンド・カラー、ビスケット、黒、ブラック・アンド・タン、白ほか、さまざまな単色、混色のものがいます。
■性 格
見知らぬ人には用心深くよそよそしいですが、一緒に暮らしている飼い主一家や犬たちには深い愛情を示し、陽気なよい友達になります。やや強情なところは、ネコのようだとも。利口な犬なので、幼少期からのしつけをしっかりすれば、気まぐれなところもカバーできるはずです。
■グルーミング
手入れは難しくありませんが、コートのもつれを防ぐため、コーミングは毎日、ブラッシングは週に2回、1時間くらいかけて行ないましょう。シャンプーは週1回と定期的に入浴もさせるように。まれに目の疾患、皮膚病が出ることもあるので健康には留意しましょう。
■運 動
毎日20〜30分程度の引き運動を行なってください。室内、庭先などで行なうボール遊びなどの全身運動を10〜20分組み合わせてもよいでしょう。気まぐれな面があるので、引き運動のときはリードをしっかりつけ、身につくまでしっかり訓練するように心がけてください。
■食 事
成犬の食事回数は1日1回または2回。栄養的にはドライ・フードだけで充分ですが、嗜好性を加味してあげたいならば、ドライ・フードとウェット・フード(缶詰め)を混ぜたものが栄養バランスもよく手軽です。このほか、ドライ・フードとともに、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)などを加えた混合食も考えられます。人間食の与えグセや過食・偏食に注意して、健康的な食生活をしつけましょう。