狆(ちん)
 10万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
狆(ちん)は、遠い昔から日本で珍重されてきた愛玩犬。情愛こまやかで飼い主一家を心から慕います。とてもデリケートな面も持ちますが、愛情をかけて接すれば大丈夫。しつけもしやすく、順応性の高い犬なので、初めて犬を飼う人にもオススメです。
【原産国】 日本
【体 高】 オス25cm メス/オスより小さめ
【体 重】 オス2〜3kg メス2〜3kg
■歴 史
改良国産犬種として、日本初の世界公認犬種となった犬。先祖はチベタン・スパニエルであろうと考えられており、現在、飼育されているものには、チベタン・スパニエルやペキニーズ、キング・チャールズ・スパニエルなどの血も入っているようです。日本に最初にやってきたのは、奈良時代のこと。730年、新羅(現・韓国)から聖武天皇への献上犬として贈られたのが最初で、その後も、中国にわたった遣唐使によっても持ち帰られていたようです。江戸時代には、江戸城大奥で愛され、諸大名の間でも狆を飼うことが流行したとか。また、外国の高官名士への贈り物にもされていて、1853年にはペリー提督へ、1880年にはドイツのアウグステ皇后へ贈られたとの記録も残されています。現在は、美しく愛嬌もある家庭犬、愛玩犬として、多くの愛好者に飼育されています。
■外観特徴
絹糸のように滑らかで豊かな被毛におおわれた、優美で気品のある小型犬。頭部は丸く幅広く、鼻口部は極めて短く幅広く、両目の間のくぼみは深く、鼻は両目を結ぶ線上にあり、大きく丸い目は両目の間が離れていて、愛嬌のある顔立ちをつくっています。背は短く水平、腰は幅広く、わずかに丸味をおびた体形を包む被毛は滑らかで、顔面以外は長くまっすぐな毛に被われ、耳、首、大腿、下腿、尾には豊かな飾り毛があります。毛色は白地に黒または赤の斑で、胴の斑、顔の斑は左右相対が好まれ、特に鼻口部から頭頂にかけて幅広い白の斑(ブレーズ)があるものが望まれます。
■性 格
利口でおとなしく、何歳になってもお茶目な愛らしさを失いません。情愛こまやかで、飼い主一家を心から慕うだけでなく、ほかの犬とも友好的に接することができます。小型犬らしい快活さはありますが攻撃的ではなく、順応性にも優れています。しつけもしやすく、たくさんの運動量も必要としないので、室内での飼育も比較的楽な犬種といえるでしょう。
■グルーミング
長毛種ですが、厚い下毛がないので、被毛の手入れは基本的にブラッシングとコーミングだけで充分。美しく滑らかな毛質を保つためには、定期的にシャンプーするとよいでしょう。配慮が必要なのは、目の周りの清潔を保つこと。やわらかい布や綿棒を使って、まめに目ヤニや汚れを取り除いてください。目が出ているので、眼球を傷つけないように注意して。
■運 動
ときどき長い散歩をさせるだけでもOKと手間いらず。ですが、健康を維持するためには、規則的に運動させることが大切です。散歩に出かけない日には、室内遊びの相手をしてあげてください。
■食 事
内容は栄養バランスのとれた小型犬用のドッグフードだけでもOK。嗜好性を加味してあげたいならば、ドライ・フードとウェット・フードの混合食が一般的で手軽です。食事回数は若犬〜成犬の場合は1日1〜2回。肥満や病気を防ぐためにも間食や偏食は厳禁。規則正しい食生活を心がけてください。