チャイニーズ・クレステッド・ドッグ
 18万円〜 28万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
へアレス(無毛)とパウダーパフ(有毛)の2タイプにわかれます。へアレスとはいっても、頭部、尾、足の先には毛があり、皮膚には汗腺もあって汗をかくという珍しい犬です。明るく活発で、一緒に遊べる楽しい仲間になります。
【原産国】 中南米およびアフリカ
【体 高】 オス28〜33cm メス28〜33cm
【体 重】 オス3.1〜5.4kg メス3.1〜5.4kg
■歴 史
16世紀ごろには、メキシコやアメリカでこの犬種が発見されていましたが、そもそもは中国人がアフリカの無毛の犬を小型犬にしたもので、中国では13世紀くらいから記録に残されています。その後、世界中を航海していた中国人が、各国の港町でこの子犬を取り引きしていたことから、次第に広まっていったといわれています。アメリカで最初に公認されたのは1883年のことで、その後、登録が途絶えたため公認が取り消されたこともありましたが、ごく最近になって、またアメリカで繁殖されるようになり、1992年、アメリカン・ケネル・クラブはこの犬を全面的に公認しました。チャイニーズ・クレステッドという名は、清朝時代の中国人のヘア・スタイル「べん髪」に似ていることからつけられたもので、直訳すると「中国人風のとさか(冠)のある犬」となります。
■外観特徴
大きな特徴は、へアレス(無毛)とパウダーパフ(有毛)の2タイプにわかれていること。パウダーパフは二重の直毛で全身被われており、一方のへアレスは、無毛とはいっても、頭部、尾、四肢の指には長い毛があり、皮膚はやわらかく滑らかで温かく、汗腺があって汗をかくという珍しい特徴を持っています。毛質はどちらも綿のような手触りでやわらかく、毛色は単色または斑色で、特に規定はありません。頭蓋は長くていくぶん丸みがあり、鼻口部はほどよい長さで、肉付きの薄い頬をしています。目は中ぐらいの大きさで両目の間隔が広く、大きな立ち耳は縁飾りのあるものとないものとがあります。広く深い胸と適度な巻き腹を伴ったボディ、長く優雅でややアーチを描いた首、長く付け根の高い尾、幅が狭く長く伸びた四肢、ひと関節多いのかと思えるほど長い指と、全体に長くほっそりした印象が強い犬です。
■性 格
自尊心は強いが従順で、明るく活発な犬。人が好きで飼い主の愛情を強く求めるとろもあります。とても利口ですから、愛情豊かに優しくしつければ、可愛い家族の一員になるはずです。ちなみに、へアレスの子犬は片親が必ずへアレスでなければ生まれませんが、同じ親から違うタイプの被毛の子犬が生まれることがあります。
■グルーミング
へアレスは体外寄生虫もつきにくく、有毛の犬と比べて手入れは簡単ですが、皮膚の乾燥が大敵。刺激のないベビー・オイルやへアレス専用のオイルなどを塗ってケアしてあげることが大切です。また、頭部や尾、足先の被毛の手入れも忘れずに。一方のパウダーパフは、毎日のブラッシングやコーミングを基本に、定期的なトリミングをしてあげるようにしましょう。見知らぬ人に撫で回されると怒ることもあるので、特にショー・ドッグにする場合は、幼犬期からグルーミング台に慣らすことが必要です。
■運 動
特に運動に対する要求は少なく、屋外での散歩を日課にする必要はありませんが、さみしがり屋なので、1日の間に一緒に遊んであげる時間を持つように心がけてください。
■食 事
姿形は特殊でも概ね丈夫な犬なので、特別な注意は必要ありません。総合栄養食と表示された小型犬用ドライ・フードにウェット・フードを加えた混合食など、ごく普通の小型犬と同様の食事内容でOKです。一緒にいる時間が長いと、おやつや人間の食べ物をついつい与えたくなるものですが、偏食や過食は病気や肥満を誘発します。成犬の場合は1日1〜2回。適量を規則正しく与えるように心がけてください。