バーニーズ・マウンテン・ドッグ
 8万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
従順で人間を慕う気持ちが強いので、飼い主家族との密な触れ合いをとても喜びますし、スポーツのお伴としても優秀です。とても気立てがよく、物覚えもよいので、きちんとしたしつけ方さえ勉強すれば、初めて犬を飼う人にもオススメです。
【原産国】 スイス(ベルン市周辺)
【体 高】 オス64〜70cm メス59〜66cm
【体 重】 オス40〜44kg メス40〜44kg
■歴 史
バーニーズとは、原産地ベルン市にちなんでつけられたもので、マウンテン・ドッグとは、山岳地での活動に耐えられる犬という意味。スイスには同じタイプの作業犬が4犬種あり、それらは、ローマ帝国時代にローマ軍に連れてこられたマスティフ系の犬とスイス各地の地犬とが交雑して、牧畜犬、作業犬、曳き犬などとして、地方ごとに独自のタイプを作り上げたといわれています。バーニーズ・マウンテン・ドッグは、そのなかでも地犬との接触が比較的少なかったため、長く美しい被毛を保つことができたのだとか。長い間、スイス国内でのみ飼われていましたが、1907年に犬種クラブが設立されたのがきっかけで、保護運動が盛んになり、スイス以外の国々でも飼育されるようになりました。現在では、作業犬、伴侶犬、番犬、牧畜犬、家庭犬として、多くの国で愛育されており、日本での人気も高まっています。
■外観特徴
中型犬より大きい行動的な作業犬。光沢のある長くて美しい被毛が、がっしりとたくましく均整のとれた体を包み込んでいます。頭頂部は平らでわずかにシワがあり、鼻口部はまっすぐでかなり長い。鼻は黒く、目はアーモンド型で眼色は濃い茶色。頭部の高い位置につく耳は三角形で頬に接する長さの垂れ耳、尾はかかとの関節に届くほどの長さの垂れ尾です。体高より体長がやや長いのも特徴ですが、腹部や腰部の筋肉が発達しているため、見た目は長く感じられません。滑らかで長い被毛は量も豊富で、わずかにウェーブがかかっています。毛色はつややかな濃い黒が基調で、前頭部から鼻口部にかけて細長く白い斑が、前胸、指にも白が入り、目の上、頬、四肢には鮮やかな黄褐色の斑が見られます。また、尾の先とパスターンの高さまでの白斑のあるものが望ましいとされているほか、それぞれの色がはっきりして、左右対称になっているものがよいとされています。
■性 格
いちばんのポイントは気立てのよさ。注意深い面があるので油断することはありませんが攻撃性はありません。人間を慕う気持ちが強く、飼い主家族との密な触れ合いをとても喜びますし、スポーツのお伴としても優秀です。ただし、若犬は格別に元気がいいので、きちんとしたしつけを行なう必要があります。ガード・ドッグ、物資運搬犬、救助犬などの訓練にも適する犬だけに、物覚えはよいので、愛情を持って、早期から正しくしつければ、頼りがいのある楽しいパートナーになります。
■グルーミング
日常的な手入れはブラッシング程度で充分。被毛の汚れはタオルなどで拭き、ときどきシャンプーでさっぱり洗ってあげればいいでしょう。定期的なグルーミングも必要ですが、この犬の被毛は、グルーミングをていねいにすればするほど美しくなりますので、定期的に美容院でのグルーミングを行なうことをお勧めします。また、春から初夏にかけての換毛期には、スリッカー・ブラシや金属製コームを使ってこまめに死毛を取ってやることが大切。自然の脱落にまかせていると、皮膚病にかかってしまうことがあるからです。
■運 動
むやみに走り回るタイプではありませんが、長い散歩は大好き。引き運動を中心に1日2回、最低30分〜1時間の運動を日課にしてください。また、スポーツのお伴も立派に務めますので、ジョギングやサイクリングにも一緒に連れ出してあげましょう。寒さには非常に強く、寒いほど元気になりますが、その分、暑さには弱いので、特に夏場の運動は朝夕の涼しい時間帯に行なうよう心がけてください。
■食 事
成犬の食事回数は1日1回または2回のいずれか。1日1回の場合は夕方与えるのがベストです。栄養的にはドライ・フードだけで充分ですが、嗜好性を加味してあげたいならば、ドライ・フードとウェット・フード(缶詰め)を混ぜたものが栄養バランスもよく手軽です。このほか、ドライ・フードとともに、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)などを加えた混合食も考えられます。成長期の犬は食欲旺盛で太りやすいので、きちんと体重管理することが必要です。人間食の与えグセや過食・偏食に注意して、健康的な食生活をしつけましょう。