ブラッドハウンド
 18万円〜 35万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
堂々として威厳たっぷり。嗅覚ハウンド元祖犬としての貫禄は充分。傷ついた獲物の匂いを逃さず、嗅覚がすごぶる強いのでイギリスでは警察犬として用いています。
【原産国】 ベルギー
【体 高】 オス63〜69cm メス59〜63cm
【体 重】 オス41〜50kg メス36〜45kg
■歴 史
8世紀の初頭、ベルギーの高原地方の修道院で飼育されていた獣猟用のハウンドが、能力に優れていたため王候や貴族たちからの注文が殺到したといわれていました。この犬は11世紀ごろイギリスに渡り、さらに改良され、ブラッドハウンドと呼ばれるようになりました。ブラッド(血)ハウンドとは、傷ついた獲物を追うところから名づけられたという説や、純血犬種という意味も考えられています。アメリカでは捜索犬として多く使用され、臭跡を確実に追うことができるので、法廷でも犬によってあげられた証拠のうち認められたのはこの犬種のものだけといわれるほど。ビーグル、フォックスハウンド、ハリア、バセット・ハウンドなどの祖先犬としても知られ、現在は家庭犬として飼われています。
■外観特徴
堂々として威厳のある大型犬。長い垂れ耳と独特の容姿が特徴の犬種。この特徴はオスほどではないがメスにも見られます。全体に皮膚がたるんでしわが多く、特に頭部と首まわりに目立って深いひだやしわがあります。目は黄色から茶色まで。被毛は短く滑らかで、色は黒と薄茶、赤と薄茶、黄褐色。濃い毛のものにはときに淡色が混じることもあります。
■性 格
性質は穏和。友好的で飼い主の注目を集めたがりますが、未知の人にはなれなれしくしません。古代ギリシャやローマ時代にはすでにいて、逃げた奴隷を探す犬だったともいわれ、粘り強さにも定評があります。姿はかなり変わりましたが、その素晴らしい嗅覚は今も衰えず、別名「サングイナライイ(血の犬)」とも呼ばれています。血の臭いは決して逃がさず、どんなにわずかな臭いでも嗅ぎわけられる抜群の嗅覚を誇っています。警察犬として脱走犯や犯人、迷子の捜索をすることも。内気ですが、しつけはしやすく、真心が通じる犬です。
■グルーミング
垂れ下がった瞼と顔面皮膚のたるみのせいで、結膜炎を起こしやすいので毎日の手入れは必要です。成長期の太り過ぎにも注意し、体重管理はしっかり行いましょう。
■運 動
弾力があり、ゆったりと歩きます。毎日、時間をかけて数kmの長い距離を引き運動するとよいでしょう。ただし胃捻転、腸捻転になりやすいので、食前食後の運動は控えること。