ブル・マスティフ

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
名前のとおり、ブルドッグから闘争心を、マスティフから勇敢さと防衛本能を受け継いだ天性のガード・ドッグ。過酷な条件下をものともしない頑丈さを備える、威風堂々とした雄姿が魅力。類いまれな能力を持つ警備犬として、世界各国で信頼されています。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス63〜69cm メス61〜66cm
【体 重】 オス50〜59kg メス45〜54kg
■歴 史
19世紀半ば、マスティフ60%、ブルドッグ40%の選択的交配によって誕生。目的は夜間の猟区を密猟者から守ること。任務は侵入者を殺傷することなく捕らえることでした。仕事は、猟地から牧場、農園など多方面に及び、優れた能力が評判となって世界各国に広まりました。ところが飼い主にも、なかなか心を許さない過剰な防衛本能のため、一時は人気が凋落したほどです。20世紀に入ってからは警備犬としての安定した支持を盛りかえし、現在に至っています。
■外観特徴
幅広な頭、硬く張った頬、短く黒い鼻筋、耳は高い位置からV字に垂れ、鋭い眼光を放つ目と、いかにも剛毅な顔立ち。被毛は、上毛が粗め、下毛は密生した短毛の二重毛。色は、濃・淡のフォーン(金色がかった茶)を中心に、アプリコット、シルバー、ブリンドル(地色に差し色の入ったもの)。体形は、大柄で雄々しく全体にスクエア(四角)気味。胴は引き締まりながらも力強い筋肉におおわれ、四肢はたくましく筋骨隆々。太い尾は、つけ根の高い垂れ尾です。
■性 格
実用性重視で作られたせいか、防衛能力は完璧。難点は、能力の使い方が四角四面なこと。しつけなければ、飼い主であろうとターミネーターよろしく鉄壁の防御。基本的な訓練は、すぐマスターするでしょう。しかし服従訓練は茨の道。飼い主は早期から、攻撃性を制御できるよう、地道に訓練するしかありません。ただこの頑固さは一種の忍耐強さであり持ち味。しっかりしつければ、普段は泰然と穏やか、いざというとき最高に頼れる家族の番犬になってくれます。
■グルーミング
日常の手入れは楽。体が汚れたら、固くしぼったタオルまたは蒸しタオルで皮膚の汚れを落とします。毛の流れに逆らって拭きあげるようにするのがコツ。換毛期はゴム・ブラシでブラッシングを。毎日欠かさず行なって死毛をしっかり取り除きます。
■運 動
毎日30分程度の引き運動を、できれば2〜3セット行ないます。時間・距離・内容(自転車などを使ったトロット、ギャロップなど)に変化をつけながら筋力を鍛えます。暑さにも寒さにも耐性はありますが、夏期の運動は、早朝か夜遅くに行なって無理をさせない方が無難です。
■食 事
若犬〜成犬なら1日1〜2回を目安に与えます。一般的な食事内容は、栄養バランスのいいドライ・フードを基本に、タンパク質(肉・内臓類を味をつけずに煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、少量のチーズなど)、穀類(パン、めん類)、缶詰フードなどを混ぜた混合食。ときどき新鮮な生肉(牛の赤身が好まれる)や、牛の骨(煮てから乾燥させると持ちがいい)などを与えてもいいでしょう。太りやすいので、脂質の摂りすぎ、カロリー過多に注意して、しっかり栄養と体重の管理をすることが肝心です。