グレート・ピレニーズ
 12万円〜 28万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
自分の持ち場を守り抜く強い本能は、誕生したときから変わっていないようです。昔は、フランス〜スペイン国境にまたがるピレネー山脈で護羊犬として闘い、今はイギリス、北アメリカ、フランスで人気の勇敢な番犬。別名「ピレニアン・マウンテン・ドッグ」。
【原産国】 ピレネー山脈一帯
【体 高】 オス69〜81cm メス63〜74cm
【体 重】 オス45〜57kg メス39〜52kg
■歴 史
起源は非常に古く、祖先犬がチベタン・マスティフという説があります。その誕生の経緯は、紀元前100年頃、フェニキア人に従って中央アジアからスペイン〜フランスと渡る途中、ヨーロッパ各国の土着犬と交雑されて誕生したというもの。ほかにセント・バーナード、ニューファンドランドの祖先犬説もあります。主に、ピレネー山脈・スペイン寄りの地域で家畜の護衛犬として活躍し、フランス王朝でも愛育されていました。20世紀初頭に絶滅の危機がありましたが、今では欧米諸国を中心に定着しています。
■外観特徴
ふかふかで厚い被毛を持ち、粗く長い上毛は体に沿うように平らに生え、やわらかな下毛が密生しています。垂れた尾には、特に豊かな飾り毛がついています。毛色は白の単色、または白にこげ茶の斑、白およびグレーかタンのかげ(頭、耳、尾のつけ根)のあるものもある。体形は、体長が体高より少し長め。力強い筋肉に富み、たくましさに溢れています。まっすぐな四肢は、がっちりと骨太。顔は、ほかに比べて毛足が短く、低い位置から目と平行するように垂れた三角オニギリ型の耳、落ち着いた表情を見せる暗色の目が特徴です。
■性 格
護羊犬として働いていた時代は、敵と判断すれば瞬時に襲いかかる、非常に戦闘的な性質でした。その後、改良が進められ、利口で、飼い主に忠実な親しみやすい犬になりました。しかし今なお勇敢で、警戒を怠ることはありません。この巨漢の自信家が未知の者に闘志を燃やさないよう、早期から忍耐強い訓練を重ねる必要があります。体質的には、寒さにめっぽう強く、暑さに弱い犬です。
■グルーミング
毎日、白く長い剛毛をブラッシングする手入れは欠かせません。毛も厚いので、上毛の表面だけをなでつけないよう、ピン・ブラシ、コームなどを使って全体をとかし、しっかり死毛を取り去ります。下毛が毛玉になると害虫の温床にもなりますから、換毛期には特にていねいなブラッシングを心がけてください。体の汚れが気になれば、固くしぼったタオルで拭きあげ、飾り毛などにクシを入れてほぐしてからブラッシング。また垂れ耳はムレやすいので、10日に1度くらいは耳そうじを。
■運 動
自由な運動スペースつきの飼育なので、家庭犬であれば1日30分〜1時間の引き運動を2〜3セット行ないます。太りやすいので、年齢や状況に応じて距離・内容を調節します。また夜に強いほうなので、時間的な適性も計りながら行なうようにしてください。
■食 事
内容は、栄養バランスのとれたドライ・フードに、タンパク質(肉・内臓類を煮たもの)、カルシウム(煮干し、チーズなど)、穀類(ごはん、パン)、缶詰フードなどを加えた混合食が一般的。回数は、若犬・成犬なら1日1〜2回が目安です。ときどき骨(煮てから乾燥させると持ちがいい。鶏以外、牛・豚など)を与えてもいいでしょう。成長期には、しっかりした栄養管理が必要。カロリー過多から肥満にならないよう、健康的な食生活をしつけます。