ナポリタン・マスティフ
 18万円〜 28万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
ローマ帝国時代から存在した勇猛な番犬。古代の雰囲気が残るといわれるシワだらけの重々しい姿は、お世辞にも美しいとはいえませんが、防衛力は抜群。また飼育難易度も高く、理解と技術と予算が必要です。イタリア名「マスティノ・ナポリターノ」。
【原産国】 イタリア
【体 高】 オス65〜72cm メス60〜68cm
【体 重】 オス50〜68kg メス50〜68kg
■歴 史
起源は、古代ギリシャ・ローマ時代にさかのぼるといわれています。詳細は不明ですが、フェニキア人とともに海を越えたチベタン・マスティフが、土着犬と交配されたと考えられています。中央イタリアで番犬・闘犬・軍用犬として飼育され、マケドニア(現・ギリシャ周辺)のアレキサンダー大王(BC356-323)の寵愛を受けたともいわれています。20世紀に入り一時期は数が激減しましたが、イタリア人ブリーダーによって復興。1946年のショー出場をきっかけに、現在、世界各地で番犬として飼育されています。
■外観特徴
特徴は、大きな頭とシワだらけの顔。シワは額・鼻に多く、アゴは下に大きくたるんでいます。耳は、頭に沿うように小さく段耳され、V字を逆にしたような口から、盛んにヨダレを垂らします。体格は、体長が体高より長く大柄。傾斜した背中のラインを持ち、胸は深く、腰の筋肉が発達しています。四肢は全体にがっしりして、筋肉に富んだ長く幅広な太ももを持っています。尾は根元が太く、先は細くなっていて、2分の1程度に断尾されます。すべらかな被毛は、細かく密生した短毛。色は黒、鉛色、濃い茶色、ねずみ色。胸や肢の先に白い斑がある場合もあります。
■性 格
非常に強い防衛・闘争本能を誇る根っからの番犬。主人には忠実ですが、自主的な服従心など持ちません。仲間と認めれば子ども相手もしますが、すべては訓練次第。もちろん訓練も一筋縄ではいきません。飼い主は、子犬時代から人間との接し方と攻撃性を抑える術をしっかりしつけることが必要。普段は帝王のように悠然としてちっぽけなことには関わりませんが、一度怒りの牙をむけば徹底的に闘い抜きます。飼育は難しく、かなりの手間・理解・体力・予算が必要。
■グルーミング
被毛の手入れは、ラバー・ブラシによるブラッシング程度と比較的やさしい。体の汚れは、固くしぼったタオルか適温の蒸しタオルで落とします。毛の流れに逆らうように拭きあげたあと、ブラッシングするのがコツ。汚れがたまりやすいシワ・たるみの間、よだれがこびりついた部分は特にていねいに。
■運 動
犬舎まわりに運動スペースがあれば、それほど多くの運動量を必要としません。1日30分程度の引き運動を行ないます。
■食 事
回数は、若犬〜成犬なら1日1〜2回が目安。内容は、栄養バランスのとれたドライ・フードをベースに、タンパク質(脂肪分の少ない肉・内臓類を煮たもの。味はつけない)、カルシウム(乾燥小魚、少量のチーズなど)、穀類(パン、めん類)、缶詰フードなどを混ぜた混合食が一般的。ときどき新鮮な生肉(牛の赤身がおすすめ)や煮てから乾燥させた牛の骨などを与えてもいいでしょう。太りすぎないよう、脂肪分の摂りすぎ、カロリー過多には要注意。しっかりした栄養・体重管理が必要です。