スコティッシュ・ディアハウンド
 18万円〜 28万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
スコットランドのハイランド地方のオオジカや大型獣の猟犬でしたが、エレガントな外見を買われ、王位貴族などのステータス・シンボルとして愛されました。珍しい品種で、現在でもこの犬を飼うことは一種のステータスです。
【原産国】 イギリス(スコットランド)
【体 高】 オス76cm以上、メス71cm以上
【体 重】 オス38〜47kg、メス29.5〜36kg
■歴 史
スコットランドのハイランド地方に古くからいた大型獣猟用ハウンドで、アイリッシュ・ウルフハウンドと非常によく似ており、古代のウルフハウンドを祖先犬に、シカ猟に適したタイプに改良されたと考えられています。10〜14世紀には、伯爵以上でなければこの犬を飼うことが許されず、値段も高くて、死刑を宣告された貴族が執行猶予を買い求めるために支払った金の額と、この犬3頭分の値段とがほぼ同じだったとか。19世紀末になり、獲物のシカの減少とともに人気が急激に衰え、一時は絶滅の危機に瀕しましたが、1948年のドッグ・ショーでこの犬種の犬がチャンピオンとなったのを機に人気回復。近年はアメリカや北欧にも飼育者が増え、ショー・ドッグとしても活躍しています。
■外観特徴
短い毛ながら気品のある大型犬で、グレーハウンド・タイプの犬としてはアイリッシュ・ウルフハウンドについでの大物。スピード感に富む細い体と長い四肢、それに尾が長いのが特徴です。小さなボタン耳。茶か栗色の目はやさしく柔和なまなざしをしています。頭と額面にややソフトな被毛があり、頭部では長く、眉毛は豊かで、絹のような口ひげと頬ひげがチャーム・ポイント。毛色は単色に薄い色のマーキングでブルーグレーが一般的です。
■性 格
昔からさまざまな名前で呼ばれ、16〜17世紀ころには、ディアハウンド=「シカを追う犬」という名前となりましたが、現在は家庭犬としての人気も高く、穏やかで優しい性質です。嗅覚は鋭く、100kg以上あるシカを力とスピードでねじふせられてしまうほど。しかも神経質だったり、攻撃的だったりはせず、飼い主に忠実で人間のよき友となります。他の犬や子どもたちとも仲良く暮らす友好的な犬ですが、子犬期にはときとして大暴れする傾向があるので気を配りましょう。
■グルーミング
家庭犬はブラッシング程度の手入れですみますが、定期的なグルーミングとブラッシングは必要。胃捻転、鼓脹症、股関節形成不全がたまに出るので、健康管理は怠りなく。
■運 動
「神が創造したもっとも完全なる生き物」と称賛されるほど、性格がよく、体形・運動能力ともに恵まれています。巨大なわりに走る姿はスピーディで活力があり、優雅。大型獣の猟犬をしていただけあって、毎日、膨大な運動を必要とし、広い場所での自由運動は欠かせません。力があるので、服従訓練は重要。引き運動の際、リードなしでは疾走するので注意しましょう。
■食 事
栄養バランスのとれた適量の食事を1日2回または1回規則正しく与えてください。ドライ・フードを基本に、全体量の2割程度のウェット・フード(缶詰)を加えたものなどがいいでしょう。