バセンジー
 12万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
バセンジーとはスワヒリ語で「藪犬」の意味。遺跡から出土した美術品や壁画にその姿を見ることができる非常に古い犬種です。何千年も前のエジプトで、ファラオの足元にうずくまっていたかもしれないミステリアスな歴史を秘めています。
【原産国】 コンゴ
【体 高】 オス43cm前後 メス40cm前後
【体 重】 オス11kg前後 メス10kg前後
■歴 史
ファラオ・ハウンドやイビザン・ハウンドと血縁関係があり、熱帯地方では古くから飼われていました。「飼う」とはいっても、当時は今日的な飼い方とは大きく異なり、朝食、夕食が出るわけではなく、生活は完全に自力という半ば野生の状態で人間と共存してきたのです。コンゴ出身のバセンジーは、原始的な家庭犬の暮らし方をしていた犬のなかで、現存する唯一の種として公認されています。嗅覚が鋭く、70mもの距離から獲物の匂いをキャッチ。視力も相当よく、優秀な森の猟犬として主に鳥猟に使われ、ポインター、レトリーバーの役目を兼ねていたといわれています。19世紀、イギリスのアフリカ調査団がコンゴの奥地から数頭のバセンジーを連れ帰るまでまったく知られていませんでした。その後、組織的な繁殖を開始して、今日に至っています。
■外観特徴
大きめの立ち耳。よく巻いた尾。額に独特のしわがあるのが特徴です。非常にやわらかい絹糸状の短毛。色はレッド、黒、ブラック&タンなど。のど、胸部、四肢、尾の端に白斑があります。首はほどよく長く、すっきりとしていて、胴体はキ甲(肩の間の背の隆起)が高く、背は短く水平。腰は強固で筋肉がよくつき、尻はわずかに丸味をおびています。スマートでスクエアな(四角い)体形の小型犬。胸底が深く、あばらはほどよく張って、引き締まった腰は下腹部で巻き上がっています。
■性 格
ひと言でいえば寡黙な犬。嬉しいとき、失望したときにヨーデルのような含み声や短い咳に似た声、喉にこもる唸り声で感情を表現するほかはほとんど吠えません。利口で物覚えがよく、晴れやかな明るい気立てです。おとなしく潔癖で、飼い主によくなつきますが、迷惑を顧みずベタベタ甘ったれるタイプではありません。一方で、他人にはそっけなく、プライドが高い犬でもあります。発情期が年1回ということも大きな特徴です。
■グルーミング
猫のようにきれい好きで、身づくろいに余念がありません。手入れは簡単で、体臭がないため室内犬に最適。ただし、粗暴な扱いをすると、臆病でわがままで、不従順な犬になってしまいます。貧血症、下痢、アレルギー皮膚炎になりやすいので、健康管理には気を配りましょう。
■運 動
実に活発によく遊び、タフです。温室育ちではないから、引き運動、自由運動、ボール遊びなど、変化をもたせてたっぷりと動かしてあげたり、用事をいいつけてあげましょう。運動後はブラッシングを忘れずに。