ベドリントン・テリア
 12万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
頭にある冠、長い飾り毛のある耳、丸くアーチを描いた背中…エレガントで洗練された雰囲気をもった淑女のようなテリア。まるで子羊を思わせる外観ですが、鉱山労働者がキツネ狩りのために作った犬なので、生後3カ月からアマグマをしとめる優秀な猟犬として働き、金を儲ける闘犬としてもさかんに飼われた時期もありました。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス42cm メス39cm
【体 重】 オス8〜10kg メス8〜10kg
■歴 史
ノーザンバーランド州の渓谷地帯でダンディ・ディンモント・テリアやオッターハウンドなどの混血により作り出されましたが、特に同州のベドリントン市周辺に住む炭鉱労働者たちにペットとして愛され、1825年にベドリントン・テリアという犬種名がつけられるまではロスベリー・テリアとかノーザンバーランド・テリアと呼ばれていました。勇敢で従順な性格が幸いし、上流階級ではペットとして愛され、1870年、ドッグ・ショーで単独審査クラスを与えられました。当時はまだ被毛にトリミングがなされていませんでしたが、1877年にナショナル・ベドリントン・テリア・クラブが創立されてのち、現在のような洗練された形態に作り上げられ、愛好家を増やしていきました。日本へ紹介されたのは1963年でその歴史はまだ浅いといえるでしょう。
■外観特徴
優雅でしなやかな均整のとれた犬であり、粗野なところや弱々しさ、かたくなさを微塵も感じさせません。子羊のような上品なスタイルで、美しく手入れされた頭部の冠毛と長い垂れ耳が特徴です。頭部も、背から腰へかけての部分も、丸味をおびてアーチを描き、腹は下腹部が巻き上がって、すっきりとしたシルエット。被毛は厚い綿毛で、かたい毛とやわらかい毛が混ざりあっています。ショーへ出すためのトリミングは、尾の根元で2.5cm、頭のうしろから尾の根元までが3.5cm以下、耳の先の飾り毛は2.5cmくらいの長さがよいでしょう。毛色は、ブルー、ブルーとタン、レバー、レバーとタン、レバーとサンディ、サンディとタン、サンディなど。
■性 格
じっとしているときの表情は穏やかで優しく、内気さや神経質さは見られませんが、興奮すると警戒心が非常に強くなり、元気と勇気が体中にみなぎってきます。飼い主の気持ちに機敏に反応したり、服従訓練にも充分に応えます。家族に対しては忠実で、極度に発達した保護本能をもっているため、番犬としても高い人気を誇っています。日常は自分からケンカを売るようなことはしませんが、粘り強い闘争心を持っているため、一度ケンカを始めると死ぬまでやめない頑固さもあり、適切に監督をしないと散歩中にほかの犬とすぐケンカを始めてしまうのでしっかりとしつけましょう。
■グルーミング
風貌に、どこか中世の貴婦人を思わせる優雅さがあるこの犬種は、将来必ずトリミングをすることになるので、うんと小さい頃からグルーミングを日課にして慣らしておくこと。グルーミングはスリッカーとコームを使って規則正しく行ないましょう。羊に似た容姿を維持するためには、クリッパーとハサミを使い、熟練したプロの手によって定期的にトリミングをすることが必要です。
■運 動
動きには独特の軽快さがあります。筋肉質でしなやかな体の外郭線からもわかるように、ギャロップを得意とし、非常にスピーディに走るため、安全な囲いの中以外では、リードをつけずに運動をさせることは避けましょう。疾走する犬や猫がいたりすると、ベドリントンの気をひくことになり、その結果追跡が始まって果ては迷子になってしまうことがあるので要注意。
■食 事
丈夫で体力があり我慢強いので、育てるのが比較的簡単なこの犬は、餌も栄養バランスのよいドライ・フードだけでも充分。同じくらいの体重の他のテリアと同じ程度を与えましょう。