ビーグル
 8万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
おちゃめな性格で世界中で親しまれているスヌーピーも、ビーグル。ときおり見せる厳しい表情(?)は、体に流れる猟犬の血の賜物でしょうか。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス33〜38cm メス33〜38cm
【体 重】 オス8〜14kg メス8〜14kg
■歴 史
ハウンドの中では最も小さいビーグル。この系統の犬種はきわめて古い歴史を持っていて、紀元前からギリシアでウサギ狩りに用いられたハウンドの後裔といわれています。エリザベス女王(1533〜1603年)の時代のイギリスにはこのタイプの大小2種類のハウンドがいました。小さいほうをフランス語の「小さい」という意味からきたビーグルと呼び、野ウサギ狩りに使用しました。嗅覚が鋭いのはブラッドハウンドの血が入っているからという説が有力で、獣猟用のほか、家庭犬としても多く飼われています。
■外観特徴
フォックス・ハウンドのミニチュア版のよう。実際の体高よりも、がっしりと大きく見えます。耳の長さは鼻の端に達するほどで低くつき、長く垂れていて幅広いのが特徴。毛質はかたく、短い毛が密生しています。毛色は白・黒・茶の混じった模様で、背が黒く、四肢や尾の先は白く、中間が茶色です。このほか、白とレモンの毛色もあります。尾は短めでいつも楽しそう。また褐色の瞳はやさしい感じで、ビーグルの人気を支えています。
■性 格
小さく俊敏で頭がよく、スタミナもあり、狩りのときは頼りになる存在。嗅覚が鋭く、猟犬としてたいへん優れていて、獲物を追いかけるとその獲物をハンターがとらえるまであきらめません。陽気な性格なので、家庭犬としても適しています。
■グルーミング
短毛種なので、蒸しタオルで拭けば充分きれいになります。基本的には毎日拭いてあげましょう。愛犬の体にやさしく手を触れ、語りかけながら手入れすることによって、犬との心のふれあい効果もあり、飼い主の言葉をよく聞くようになるでしょう。犬の皮膚に適度に刺激を与えて血行をよくし、毛のつやをよくするほか皮膚病やノミ・ダニの寄生予防にも役立つので、頻繁にブラッシングを。ブラッシングの方法は混毛ブラシ(ブタ毛とナイロン毛の混)を使って、まず毛並みと反対方向にかき上げるように行ない、最後は毛並みにそってブラッシングをして仕上げます。
■運 動
ビーグルもそれぞれ体力差、個体差があり、1日の運動量はそれぞれの犬の状態を観察して決めましょう。バランスのとれた運動は引きヒモもなく自由に走り、歩き、疲れたら休み、また走るのが理想。広い野原や公園などでの自由な運動がいちばんです。自転車運動の場合は、犬の調子を見ながらスピードをコントロールして、過剰な運動をさせないように注意。また自転車の時には、横引きすることがあるのでこれがクセになると筋肉の発達が偏ってしまうので気をつけましょう。
■食 事
成犬になると、食事は1日1回〜2回がベスト。食べ終わったあとに、もう少し欲しそうな様子をみせるくらいの腹八分目の量が目安です。いつまでも食器のところを離れない時は量が少ないかもしれないので、次は少し多めに。食事の時間は、毎日同じ時間に決め、食器の横には新鮮な水を必ず忘れないで置くようにしましょう。