ボーダー・コリー
 8万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
名前の由来は、ボーダー・テリア同様、スコットランドとイングランド間の国境(ボーダー)地帯で生まれたこと。長年その優秀な作業能力を生かして厳しい仕事に従事してきた、労働意欲の強い犬種です。
【原産国】 イギリス(スコットランド)
【体 高】 オス53cm メス/オスよりやや小さめ
【体 重】 オス14〜20kg メス14〜20kg
■歴 史
誕生は19世紀末頃。8〜11世紀にスカンジナビアのバイキングがイギリスに持ち込んだトナカイ用の牧畜犬、ラフ・コリーの祖先犬、イギリスの土着犬との交配で登場したとされています。しかし優雅さのない野性的な素朴味がわざわいして、純粋種としての正式公認は1987年と遅れました。現在はドッグ・ショーで作業試験、服従試験など、高い作業力にもとづいた独自性が高く評価される一方、家庭犬としての飼育もかなり見られるようになっています。
■外観特徴
軽くウェーブがかった長く豊かな被毛におおわれ、毛色は黒と白、グレーと白、大理石色、ごくまれに白の単色と実にさまざま。顔、首回り、胸や尾の先に白斑があります。直立か半直立状の耳、筋肉に富んだ伸びやかで力強いボディライン、敏捷性を感じさせるバランスの良い体格を持っています。また発達した後肢の太ももから運動能力の高さがうかがえます。尾はかかとに届くくらいに長く、止まっているときには垂らした状態を保ちます。
■性 格
機敏な動き、高い知能、主人へ強い従属心など、本来的に犬が狼から受け継いだ本能を感じさせます。そのため厳しくしつけて制御することが必要ですが、作業意欲が高く、粘り強く熱心に働くので、牧羊、救助など、何らかの労働によって魅力に磨きがかかる犬種だといえます。