ブル・テリア
 8万円〜 12万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
ユーモラスな風貌で強烈な個性を放つテリア種。そのオトボケ顔とは裏腹に、昔は「白い騎士」と呼ばれた元・闘犬。家庭犬としても人気ですが、性質の個体差が大きいため、信頼できる専門ブリーダーから選ぶことが肝心。
【原産国】 イギリス
【体 高】 オス50cm メス50cm
【体 重】 オス20kg メス20kg
■歴 史
祖先犬は、絶滅したホワイト・イングリッシュ・テリアとブルドックの混血。さらにスタッフォードシャー・ブル・テリア、スパニッシュ・ポインター、ダルメシアンなどの血が導入されました。作出目的は、闘犬。19世紀初頭のイギリスで流行したブル・ベイティング(牛いじめ)などで、牛や熊と闘っていました。1835年の闘犬廃止とともに、性質・外観の改良が進み、1860年頃に白い種類が登場。大きな話題となり、品種改良ブームの火つけ役となりました。その後、人気に乗じてミニチュア・タイプも誕生。1918年頃には下火になりましたが1930年代から再登場しています。
■外観特徴
最大の特徴は頭の形と顔立ち。正面から見ると卵型で、ストップ(両目間のくぼみ)も目立たず、暗色の目は、小さく目尻が切れ上がっています。鼻は黒く、鋭角的な立ち耳は薄く、寄るようについています。被毛は、平らに寝て生えた短毛で、つややかながらゴワついた感触があります。色は、白、ブリンドルの単色、白地にブリンドル・赤・黒など。体は、引き締まりながらもがっしりとたくましいシンメトリー体形。四肢は、力強く筋肉がついてしっかり。尾は、つき位置が低く先細になっています。
■性 格
個体差が大きく、一概にくくれないのがブル・テリアの性質。同類同士の仲も悪く、白い品種には、ごくまれに聴力障害が出る場合もあり、非常に好戦的なものもいるため、飼育する際は、信頼性の高いブリーダーから厳選する必要があります。基本的には素直で陽気なワンパク犬。フレンドリーな面とナイーブな面をあわせ持っています。忍耐力はありますが、自負心と防衛・闘争本能が強いため、怒らせたら最後、闘志貫徹して闘い抜きます。そのため訓練は早期から、しっかり地道に怠らずを鉄則に。ミニチュア・タイプの方がよく吠える傾向があります。
■グルーミング
短毛種のため手入れは楽。日常は、体の汚れを固くしぼったタオルか適温の蒸しタオルで拭きあげてから、ゴム・ブラシなどでマッサージ的なブラッシングをします。入浴も、気になれば行なう程度でいいでしょう。
■運 動
毎日30分程度できれば2セットの引き運動に、庭先などで行なう自由運動を組み合わせます。運動は絶好の訓練チャンス。コミュニケーションを密にすることも大事なので、遊ばせながら地道にしつけていきましょう。
■食 事
若犬〜成犬なら1日1〜2回が目安。一般的な食事内容は、歯の健康にもよいドライ・フードを基本に、副食で栄養補強した混合食。混ぜるものは、タンパク質(味をつけずに煮た肉・内臓類)、カルシウム(乾燥小魚、少量のチーズなど)、穀類(めん類、ごはん、パン)、缶詰フードなど。ときどき、煮てから乾燥させた骨(鶏以外。牛・豚がおすすめ)を与えてもいいでしょう。偏食の原因になる味の濃い人間食の与えグセ、過食に要注意。