オーストラリアン・キャトルドッグ
 18万円〜 28万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

   愛犬の写真募集中
掲載希望の方はこちらからお願い致します
オーストラリアの開拓時代、過酷な自然のなかでカウボーイの右腕としてタフに働き続けた作業犬。長年にわたる交配・改良の末に作り出された犬種だけに、優れた作業能力はもちろん、ルックスも洗練されて個性的。
【原産国】 オーストラリア
【体 高】 オス46〜51cm メス43〜48cm
【体 重】 オス16〜20kg メス16〜20kg
■歴 史
1840年頃、オーストラリアの開拓民トーマス・スミス・ホールが暑く乾燥した内陸部の自然と重労働に耐えられる犬の需要から、ハイランド・コリーとオーストラリアの土着犬・ディンゴを交配して開発。その後60年間にも渡り、ダルメシアン、ブルテリアなどと交配・改良が進められました。祖先犬のブルーマールを受け継いだ独特の毛色が特徴で、絶滅したイギリスの牧羊犬ブルー・ヒーラーに似ていますが起源は異なるといわれています。1963年本国に公認され、今はイギリス、アメリカで牧畜犬、家庭犬として人気。
■外観特徴
まっすぐで短めの上毛、密生した短い下毛の二重構造を持つ被毛は、ずば抜けた環境適応力があり、四肢の後ろはすべらかで長く、尾の裏にブラシ状の飾り毛がついています。色はブルー、ブルーの斑、レッドの小斑。導入された犬種の血のせいか、子犬はダルメシアンのように白っぽく生まれ、時とともに体毛の色が変化します。幅広の頭と体高より少し長めの体長で多少ずんぐり見えますが、硬くたくましく均整のとれた筋肉質体形です。
■性 格
勇敢で活発。環境・労働への耐久力は抜群。頑健で持久力も優れ、足も速く動きは機敏、非常に強い警戒心の持ち主です。その防衛本能は、主人に対しても発揮されるので、他犬種や未知の人間に攻撃的にならないよう早期教育が必要。賢いので根気よく訓練すれば必ず忠実で優秀な作業犬、番犬に育ちます。仕事に不真面目さは見せないものの、飼い主のごほうびにつられて媚びることもない。そんなわけで無手勝流の子どもは苦手なようです。
■グルーミング
全天候型の被毛の手入れは楽。二重構造なので、換毛期のブラッシングはこまめに行なって死毛をしっかり取り除くことが必要です。気になれば、体の汚れを固くしぼったタオルで拭いてさっぱりさせてあげましょう。
■運 動
生粋の牧畜犬ですから、広場での自由運動は不可欠。その場合、注意深さから他者を攻撃しないよう、必ず訓練が身についてから行ないます。引き運動は走りを中心にたっぷりと。
■食 事
家庭では1日1〜2回、栄養バランスのとれたドッグフード(ドライがおすすめ)に、タンパク質(肉・内臓類)、カルシウム(乾燥小魚やチーズ)、穀類などを混ぜたもの適量与えます。ときどき骨(煮たあとに乾燥させた牛・豚骨。鶏不可)などを与えてもいいでしょう。