柴犬(しばいぬ)
 6万円〜 18万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

柴は日本古来の土着犬。「シバ」とは「小さいもの」を意味する古い言葉。この犬が柴と名付けられたのは、力強くすばしっこい動きや従順な性質に、遠い昔の人々が魅了されたからなのでしょう。
【原産国】 日本 (本州、四国の山岳地帯)
【体 高】 オス40cm メス37cm
【体 重】 オス9〜14kg メス9〜14kg
■歴 史
柴犬のルーツには諸説あり、そのひとつとして、縄文時代の遺跡(四国・上黒岩遺跡)から柴の骨が発掘されていることから、同時代に南方から渡来した民族が連れてきたと考えるという説があります。いずれにしても、太古の時代から人間とともに暮らしていた犬種であることは確かなようです。昭和12年には天然記念物に指定されています。かつては狩猟犬として活躍しましたが、今は家庭犬として飼育され、国内はもちろん、アメリカをはじめ、海外での人気も高まってきています。
■外観特徴
目鼻立ちは、やや前傾してしっかりと立った小さな耳、目尻が少し上がった三角形の小さな目に特徴があります。太くて力強い尾は、背の上に巻く「巻き尾」、鎌の刃のような半円を描く「差し尾」の2種類が見られます。骨格はしっかり、筋肉はよく発達しています。自然のままの素朴な立ち姿は、さっそうとした精悍さにあふれています。毛色は、赤、胡麻、黒胡麻、赤胡麻、黒褐色など。毛並みはかたい上毛とやわらかい下毛を持った二重毛で、尾の毛は体毛よりやや長く伸びています。
■性 格
日本犬のなかでは従順な性質を持ち、いちばん飼いやすいと評されています。飼い主に忠実で、警戒心が強いことなどから、番犬としても優れた能力を発揮します。
■グルーミング
基本的にはブラッシングを毎日行なうだけと、手入れは比較的簡単です。ただ、換毛期は皮膚病予防のためにも、入念なブラッシングで死毛を取り除き、脱毛を促してください。被毛の汚れが目立つときは、体全体を蒸しタオルで包みながらやや強く拭いてから、ブラッシングしてください。足先の汚れがひどい場合は、お湯で洗ってあげましょう。入浴は、換毛期には月1回程度、それ以外は、体臭が気になるとき、被毛がベタついているときだけで充分です。入浴時の注意点は、お湯の温度はぬるめにすること、シャンプーは使わず、全身をシャワーで濡らして蒸すようにすること。また、入浴後は、まずタオルで拭いてからドライヤーで被毛を完全に乾かします。その後、死毛を取り除くように全身をブラッシングしてください。
■運 動
運動の質や量は、飼い主の飼育方法、犬の性別や年齢などによって異なるものですが、若年期から青年期の柴犬はまさに疲れ知らず。どんなに運動しても、よほどのことがないかぎりケロリとしています。ちなみに、成犬の場合、1日に引き運動と自転車運動を各1回行うのが理想。平均的な運動時間はいずれも30分〜1時間。距離は引き運動2〜5km、自転車運動4〜8kmが目安です。
■食 事
健康を維持するために、バランスのとれた食事を与えることが大事です。今は総合栄養食と明記されたドッグフードが簡単に入手できますから、それらのなかから選んであげればよいでしょう。手づくりの場合は、野菜、肉、魚を一緒に煮込んだオジヤなど、栄養価と消化吸収ともに優れた食事を与えてください。食事の回数は、犬の成長度合や健康状態によって異なりますが、成犬の場合、1日2回、1回の量はその犬の頭ひとつ分くらいが目安。30分ほど出しておいたら、残していても片づけましょう。そのまま放置したり、残したからと別の食べ物を与えたりするのは、悪習慣をつける要因になるのでお勧めできません。