チベタン・テリア
 15万円〜 25万円〜
1.ご希望の品種を選び、予約フォームに必要事項を記入して送信してください。
2.ご希望にあった仔猫/仔犬の出産情報が入りましたらご連絡いたします。
3.気に入った仔猫/子犬であれば購入契約をしてください。
尚、予約は購入意志のある方のみに限らせていただきます
※価格は季節や血統、人気などにより変動します。あくまで参考としてください。

テリアとあるがむしろ番犬、牧畜犬。幸運を招く犬としてチベットでは神聖化され、とても大切にされました。体形が四角くてイギリスのテリアに似ているところからチベタン・テリアの犬種名がつけられましたが、テリア独特の気質は持ち合わせていません。
【原産国】 中国(チベット地方)
【体 高】 オス36〜41cm メス/オスよりやや小さい
【体 重】 オス8〜13.5kg メス8〜13.5kg
■歴 史
歴史は非常に古く、当時のチベットの首都ラサのラマ教寺院によって幸運を招く守護犬として神聖化され、その純粋性が保たれてきました。この犬を手放すと幸運が逃げるといういい伝えから、人々は売ることさえ好まなかったとか。家畜を保護し、ときには猟犬として活躍し、夏は羊のようにその毛を刈られて、ヤク(中部アジアの牛)の毛と混紡された衣服を作るもとになるなど、チベット人たちからは深い信頼と愛情を得ていました。1920年代にチベットの貴族の夫人の病気を治療したインド人医師が褒美に貰いうけ、その後、ヨーロッパに紹介。性格的な面の改良がなされて、1930年にイギリスで犬種標準が定められました。
■外観特徴
背中に巻いた飾り毛、豊かな尾。中くらいの大きさで、通常スクエアな(四角い)体形。威厳のある顔つきをしています。垂れ耳。大きな暗色の目。首は筋肉が発達し、引き締まっています。四肢は豊かな毛におおわれており、肩は肩甲骨がよく後方へ傾斜し、前肢はまっすぐ。かつてはチベット人の衣服にもなった被毛はダブル・コートで、下毛は羊毛のようですが、上毛はやや粗く、まっすぐかウェーブしています。毛色はチョコレートおよび赤褐色を除いて何色でも許され、斑色についても同じです。ショーに出すときは頭頂の長い房のような飾り毛(トップ・ノット)を束ねず、自然のままで出場させること。
■性 格
スクエアな体型がテリアと似ているため、テリアという名前を持っていますが、テリア本来の性格ではありません。やさしく、しつけさえすれば室内でも飼えます。もともと頭がよく、訓練しなくても忠実なよい性格です。快活で好奇心旺盛。他人には警戒しますが基本的に友好的。侵入者にはよく吠え、番犬向きです。
■グルーミング
チベットの厳しい自然環境を生きぬくため、保温性のある長い毛と平たく大きく丸い「かんじき」のような効果を持つ独特な脚の形をしています。手入れは難しくありませんが、コートのもつれを防ぐため、コーミングは毎日、ブラッシングは週に2回、1時間くらいかけて行ないましょう。シャンプーは週1回と定期的に入浴もさせるように。まれに目の疾患、皮膚病が出ることもあるので健康には留意しましょう。
■運 動
前肢がよく伸び、スムーズで力強い走り方。旅行に同伴するのに最適な小型犬ですが、外見以上の運動量を要求します。都会生活に適応はするものの、毎日の運動は多量に。物を壊したり、かじったりする傾向があるので早期の教育が必要です。
■食 事
若犬〜成犬は1日1〜2回を目安に与えます。食事内容は、栄養バランスのとれたドライ・フードを基本に、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの。味はつけない)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)、缶詰フードなどを2割くらい加えた混合食が一般的。大切なのは健康的な栄養管理。人間の食べ物の与えグセは、偏食のもと。また太りやすいので、カロリー過多による肥満にも要注意。